海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > デビュー50周年に新作発表 JOAN BAEZ

デビュー50周年に新作発表 JOAN BAEZ


フォークのベテラン、JOAN BAEZが秋のリリースに向けてニュー・アルバムの準備中だ。『DAY AFTER TOMORROW』は9/9に発表される。プロデュースはSTEVE EARLE。
ナッシュヴィルでレコーディングされた10曲入りのアルバムは、マサチューセッツ州ケンブリッジのクラブ47で彼女が初めてのパフォーマンスを行なってから50周年に合わせるかのように発表される。アルバムにはEARLEとの共作3曲(「GOD IS GOD」、「I AM A WANDERER」、「JERICHO ROAD」)、ELVIS COSTELLOの作品(「SCARLET TIDE」)、TOM WAITSの作品(「DAY AFTER TOMORROW」)、PATTY GRIFFINの作品(「MARY」)などが収録される。
「彼女は地球上に生存するもっとも偉大な歌の解釈者のひとりだ。僕たちは彼女が持ち込んだ7曲の歌からスタートした。そのうちいくつかは彼女がすでにパフォーマンスを行なっているものだった。だから、僕たちは彼女がすごく歌いたいと思っている歌からスタートしたんだ」とEARLEは語っている。
アルバムでBAEZと共演しているのは、TIM O’BRIEN、DARRELL SCOTT、VIKTOR KRAUSS、KENNY MALONE、そしてEARLEの5人組。
『DAY AFTER TOMORROW』は2003年の『DARK CHORDS ON A BIG GUITAR』以来のスタジオ作品。2005年にはライブ・アルバム『BOWERY SONGS』がリリースされている。今年初頭に彼女はパッシム・センター(元のクラブ47)でパフォーマンスを行なっており、クラブ・パッシムから功労賞を受けている。
この夏、BAEZはヨーロッパをツアーし、6/29にはイギリスのグラストンベリー・フェスティバルにも出演する。また、4年ぶりのニューヨーク公演が10/28,29にタウン・ホールで予定されている。

Billboard Daily News 2008年5月21日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる