海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > LA地方裁判所が審議再開を決定 NOTORIOUS B.I.G.

LA地方裁判所が審議再開を決定 NOTORIOUS B.I.G.


裁判長が殺害されたラッパー、NOTORIOUS B.I.G.の家族によって起こされた不法行為による死亡の裁判を、先に出されていた審議却下の決定をひっくり返し、元通りに進めることにした。
地方裁判所の裁判官FLORENCE-MARIE COOPERは、家族が期日までに市と二人の元警察官に対する訴えを提出しなかったため、3/21に審議を打ち切っていた。
5/8に家族が訴えを出し、裁判官は先の決定を覆した。
COOPERは家族に新しい裁判を起こすために20日与えた。
B.I.G.(本名CHRISTOPHER WALLACE)は1997年3/9にロサンジェルスの博物館で行なわれたパーティから引き上げる際に射殺された。24歳のパフォーマーの殺人は未解決のままになっている。
ラッパーの未亡人、母親、二人の子供は市に対して2件の不法死裁判を起こしていた。
最初の裁判は2002年に起こされたもので、不法死と市民権侵害を申し立てている。これは2005年に無効審理に終わっている。しかし、訴訟は有効なまま残っており、裁判は新しい証拠が発見されたため家族が裁判を再開させる許可を与えている。
今回COOPERが言い渡した決定は2番目の裁判に関係するもので、悪徳警官がWALLACE殺人に関与しており、警察署が彼らの荷担を隠蔽していると主張するものだ。

Billboard Daily News 2008年5月12日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる