海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > コーチェラ2008がスタート 第9回コーチェラ・ミュージック&...

コーチェラ2008がスタート 第9回コーチェラ・ミュージック&アーテス・フェスティバル


4/25,カリフォルニアのインディオにあるエンパイアー・ポロ・フィールドで開催された第9回コーチェラ・ミュージック&アーテス・フェスティバルの初日が開催され、JACK JOHNSON、THE VERVE、SERJ TANKIAN、THE RACONTEURS、THE BREEDERS、THE NATIONAL、GOLDFRAPPらが登場した。
60,000人の入場者が期待されていた初日だったが、主催者側からは正式な入場者数の発表はなかった。夜の冷え込みもあって、コーチェラのメイン・ステージのJOHNSONのトリのステージには多くの聴衆が集まったわけではなかった。
メロウでアコースティックな彼らの曲、「HOPE」「STAPLE IT TOGETHER」「TAYLOR」で、彼らのファンを魅了した。JACK JONSONはコーチェラの出演に続き、ボナルー、オール・ポインツ・ウェスト、アウトサイド・ランズなど大きなフェスティバルに参加することになっている。
JOHNSONの前に登場したのはUKの再結成されたロック・バンドのVERVEで、90年代に親しまれた「SONNET」「SPACE AND TIME」「LIFE'S AN OCEAN」など熱演。フロントマンのRICHARD ASHCROFT率いるVERVEは昨夜のコーチェラ・ライブにあわせ、4/26、ラスベガス、4/28-29、ニューヨークと10年振りのアメリカでのコンサートが予定されている。
アウトドア・シアターでのTANKIANの政治色の強いパフォーマンスは観衆に衝撃を与えた。白いトップ・ハットと白のジャケットに身を包み、SYSTEM OF A DOWNのフロントマンは過去8年間の アメリカにおけるGOERGE BUSHのリーダーシップを非難し、ソロ・デビュー・アルバムの『ELECT THE DEAD』から最も力強い曲を演奏した。
初日の主役ともいうべきRACONTEURSは最新作の『CONSOLERS OF THE LONELY』からの曲を演奏。インディ・ロック・シーンで人気のTHE NATIONALとVAMPIRE WEEKENDはオクトバー・シアターに大観衆を集めた。
最近再結成したばかりのBREEDERSはメイン・ステージに登場。90年代のヒット曲「CANNONBALL」で観衆を沸かせた。
昨日の演奏の中で最も楽しませてくれたのは、なんと言ってもインディ・ロックのLES SAVY FAVでニューヨーク出身の彼らの2007年のアルバム『LET'S STAY FEIENDS』からの曲を熱演した。

Billboard Daily News 2008年4月30日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 全品SALE
  • OUTLETアイテムMAX70%
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる