海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 『AMERICAN IDOL』のファイナリストから脱落 CARLY SMITHSON

『AMERICAN IDOL』のファイナリストから脱落 CARLY SMITHSON


4/23の晩に放送された『AMERICAN IDOL』で、刺青がトレードマークのファイナリストCARLY SMITHSONがTOP 6から脱落した。
ANDREW LLOYD WEBBERの「JESUS CHRIST SUPERSTAR」をソウルフルに歌い上げたサンディエゴ出身で24歳のSMITHSONは、最後に残されたSYESHA MERCADOと共にステージに立ち、司会のRYAN SEACRESTから残念な審査結果を聞かされることとなった。
この日最初に合格を通達されたのは、DAVID ARCHULETAとDAVID COOKの2人で、その後MERCADOがSMITHSONと共に最後のイスを争う候補であることを告げられた。そして“最終宣告”を前に、SMITHOSONは「SUPERSTAR」を、MERCADOは「ONE ROCK’N’ROLL」をそれぞれもう1度熱唱した。
先週の放送で歌詞を間違えて歌ったBROOK WHITEとDAVID ARCHULETAの2人は、難なくTOP 5入りを果たすこととなった。
SMITHSONの脱落以外の今週のハイライトとして、ブッシュ大統領とローラ夫人が特別出演し、番組視聴者から寄せられた募金に対する感謝を述べた。番組では様々なチャリティー活動のために募金を呼びかけており、これまでに2200万ドルを集めている。
また、イギリスのシンガーLEONA LEWISが登場し、全米NO.1シングル「BLEEDING LOVE」をパフォーマンスした。
MERCADO、ARCHULETA、WHITE、COOK、そしてもう1人残ったJASON CASTROの5人は、次週NEIL DIAMONDの歌で対決する。

Billboard Daily News 2008年4月25日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天キャンペーン
  • アウター全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる