海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > LIVE NATIONと12年契約を締結 U2

LIVE NATIONと12年契約を締結 U2


大手プロモーターのLIVE NATIONは、U2と12年にも及ぶ契約を締結した。世界で最も稼げるバンドの1つと長期ディールを取り付けたことで、同社のビジネスにはますます拍車がかかりそうだ。
今回の契約にはワールド・ツアー、グッズ関係、バンドのウェブサイトU2.comの運営なども含まれているが、LIVE NATIONがすべてを手にするというわけではなく、音楽出版権は引き続きUNIVERSAL MUSICが保有することになっている。
U2のマネージャーPAUL McGUINNESSは、「U2はレコード売り上げでも大きな成果を挙げているが、バンドにとって最大のビジネスはやはりライヴ活動だ。LIVE NATIONはプロモーションにおいてもツアー・プロデュースにおいても申し分ないパートナーであり、バンドとの関係はパーフェクトに近い。彼らとタッグを組むことができてハッピーだし、必ずや友好的な関係が築けると思う」とコメントしている。
金銭的な契約内容は明らかにされていないが、LIVE NATION側からの情報によると、前回MADONNAが契約した際の額(1億2千万ドル)と同等レベルだという。契約の際、MADONNAは事前に一定額を受け取り、利益をLIVE NATION ARTISTSとシェアする形としており、U2もこれに習うものと見られる。
U2のツアーは世界的に高い定評があり、2005〜2007年にかけて行われたVERTIGO TOURでは4億ドル近くを稼ぎ出し、歴代2位のツアー興行記録を打ち立てている。従って12年という長期契約の期間には、ツアーだけでも最低10億ドル以上の粗利益は見込める計算になる。
10 年というMADONNAの契約期間を上回る今回のディールについて、マネージャーのMcGUINNESSは「それだけ我々がLIVE NATIONを信頼しているという証だ。それに今から12年経っても、U2のメンバーはまだ現在のROLLING STONESのメンバーたちより若い。契約後のプランがスムーズに運べば、来年には大きな動きが期待できそうだよ。今はスタジオでアルバム制作に入っていて、来年にはアルバム・リリースとツアーの両方が実現できると思う。常に新たなプランのもとで活動をしているし、忙しくなるはずだ」と語り、バンドの息の長い活躍を視野に入れてのコメントをしている。

Billboard Daily News 2008年4月1日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる