HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > CURT SMITHがソロ作品をリリース Tears For Fears

CURT SMITHがソロ作品をリリース Tears For Fears


CURT SMITH はTEARS FOR FEARSの片割れとして、ラジオのパーソナリティー、MTVのホスト、CMのソングライターとして活動を続けてきた。その彼が、5月にソロ作品『HALFWAY, PLEASED』をリリースすることになった。
イギリスのバース出身で現在はロサンゼルスに住む46歳のSMITHは、TEARS FOR FEARSの2004年のリユニオン・アルバム『EVERYBODY LOVES A HAPPY ENDING』以来4年ぶりとなる今作で、1人で自由気ままなアルバム制作を楽しんだようだ。「TEAR FOR FEARSでは、常に2人の世界が存在していた。曲はROLAND (ORZABAL)と共作していたし、いつもどこかで妥協する必要性があったんだ。でもソロ作品の場合、そんな必要はない。ミュージシャンにとって最高の環境に戻ったという感じかな」と語っている。
SMITH個人のプロジェクトとしては、バンドMAYFIELDのギタリストCHARLTON PETTUSとコラボしたアルバム『CURT SMITH』を1998年にZERO DISCからリリースしているが、今回のアルバムはSMITH自身のレーベルKOOK MEDIAからセルフ・リリースすることになっている。
「まずは自分のウェブサイトでリリースし、そのあとすべてのオンライン・ミュージック・ストアで販売を始める予定だ。i-TUNESやAMAZONとも個別のディールを結ぶつもりだし、もはやCD販売店に頼る必要はないだろ?次のアルバムを作る資金が稼げる程度の売り上げがあれば、それで十分満足だよ」。
ニュー・アルバム『HALFWAY, PLEASED』は軽くてポップなサウンドながら、扱っているテーマは家族や恋愛関係、そしてSMITHと2人の娘たちとの関係など、シリアスなものが多い。また、SMITHは映画のスコアを手掛けていたこともあり、映画的なクオリティを感じる作品でもある。
TEARS FOR FEARSは1990年に解散したが、2002年に再びコラボを実現した。「その後は“オープン”な状態になっているけど、レコーディングとツアーで4年半も顔を合わせていたから、お互いにウンザリしている状況だね。だから今後の予定は立てていないんだ。でも1990年の解散時のように険悪な状況ではないし、良い方向に向かっているよ」とSMITHは語っている。

Billboard Daily News 2008年3月17日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる