海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > メジャーから解雇、セルフ・プロデュースの新作登場 Egypt Ce...

メジャーから解雇、セルフ・プロデュースの新作登場 Egypt Central


2005年。レコード業界の重鎮JASON FLOMがATLANTIC RECORDSとのジョイント・ベンチャーとして立ち上げたLAVA RECORDSと契約した 5人組ロック・バンドEGYPT CENTRALは、KORNやLINKIN PARKを手がけた敏腕プロデューサーJOSH ABRAHAMを迎えて念願のデビュー・アルバムをレコーディングした。その直後、メンバーのもとに悪夢のような1本の電話が・・・。
「全員でリヴィング・ルームにいる時、あの電話がかかってきた。スピーカー・フォンにして全員が聞いているところで、いきなり“契約解除”を言い渡されたんだ。あの瞬間は一生忘れることができないね。泣きたかったし、吐き気もしたし、大声で叫びたくなったよ」と、リード・シンガーのJOHN FALLSは振り返る。契約解除の原因は、JASON FLOMが新たにVIRGIN RECORDSで仕事をすることになり、LAVA RECORDSはATLANTIC RECORDSに吸収されることになった結果を受けてのことだった。これにより、彼らを含む複数のLAVAのアーティストたちが同じ憂き目に遭ってしまったのだ。
その後EGYPT CENTRALはセルフ・リリースでのアルバム発売を敢行し、地元メンフィスを中心にコア・ファンによって支えられてきた。その結果、デビュー・アルバムは数千枚のセールスを挙げるまでに至った。
しかしあの悲劇から2年半を経て、彼らにも大きな変化が見え始めた。新たに共同マネージャーとなったDAVE CASHは、「あのJASON FLOMが契約を交わし、大物プロデューサーのJOSH ABRAHAMが作品を手がけた実力あるバンドだ。このままレコード契約がない状態などあり得ない」と語り、道を模索していた。そして考え抜いたCASHは、自ら新レーベルFAT LADY MUSICを立ち上げ、彼らと正式にレコード契約を結んだのだ。
「(オペラの)終盤に太った歌手が登場して歌うまで、何が起こるか結末はわからない」という意味の諺“It ain’t over till the fat lady sings.”から名前を取った同レーベルは、まさに起死回生を身をもって実現した彼らに相応しいネーミングかもしれない。
セルフ・リリースで発売していたデビュー作『EGYPT CENTRAL』は、リミックス、リマスターを施されてよみがえり、1/15に同レーベルより再リリースされた。アルバムからの第1弾シングル「YOU MAKE ME SICK」は、現在HOT MAINSTREAM ROCK TRACKS CHARTで30位に付けている。

Billboard Daily News 2008年2月14日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる