海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > デビューから5年、センカド・アルバムがようやく発売に Gavin...

デビューから5年、センカド・アルバムがようやく発売に Gavin DeGraw


2003年にデビュー・アルバム『CHARIOT』をリリースしてから5年、GAVIN DEGRAWのセカンド・アルバムの発売準備がようやく整ったようだ。タイトルは未定だが、プロデュースを担当したのはHOWARD BENSONで、今年3月頃Jレコーズから発売される予定だ。
「最新作はよりロックよりのアルバムだ」とDEGRAW。30歳のDEGRAWはレコーディングを完了したばかり。DEGRAWがピアノで作曲した曲が11-12曲収録される。今月末までにはファースト・シングルの「IN LOVE WITH A GIRL」がラジオで解禁となる。DEGRAWのバックを務めるのはベースのCHRIS CHANEY(ALANIS MORISSETTE, JANE'S ADDICTION)、ギターのTIM PIERCEらを起用した"新人”バンドだ。「曲作りにかなり長い時間をかけた。曲作りにとりかかるまでに時間がかかった訳じゃない」と話す。
DEGRAWはデビュー・アルバムからのヒット曲「I DON'T WANT TO BE」やタイトル・トラックであおりながら、ツアーを続けてきたことを認めている。「ラジオでヒットすることはとても大事なことさ。僕のキャリアはこれらのヒット曲に支えられているんだ。このアルバムのお陰でツアーも続けられた。ある人はキャリアをつぶしてると見る人もいるけど、そんなことに怖がっちゃいられない。あまり考えすぎないようにしているよ」

Billboard Daily News 2008年1月16日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる