海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > トリオ編成でビッグな新作を発表 Joe Jackson

トリオ編成でビッグな新作を発表 Joe Jackson


JOE JACKSONがトリオ編成で制作中のアルバム『RAIN』は、「最小限の編成でどれだけ大きなサウンドが出せるか、それを使ってどれだけいろいろなことができるか」を探る試みになっているという。
『RAIN』は「TOO TOUGH」や「CITIZEN SANE」など古い曲を含む10曲からなっており、JACKSONのピアノに、オリジナルJOE JACKSONバンドのリズム・セクションであるベーシストのGRAHAM MABYとドラマーのDAVE HOUGHTONが加わる3人編成で、現在彼が暮らしているベルリンでレコーディングされている。小編成だけにソングライティングへのプレッシャーは大
きかったという。
「ピアノだけで弾いても通用するような強力な歌を書かなきゃいけないと感じたんだ」と語るJACKSONは実際「SOLO(SO LOW)」という曲をひとりだけでレコーディングしている。「3人で仕事をしているとアレンジは必要最低限になる。いろんなことを削ぎ落として3人のプレイヤーだけになった方が空間がより大きなサウンドを生み出すって思うようになった。これがビッグ・バンドなんだって感じるようになってきたよ」
『RAIN』にプラスされたDVDでは彼らのヨーロッパのライブ映像を見ることができる。アルバム発売に合わせて2月27日にスコットランドのカーディ
フを皮切りにツアーがスタート。4/1からは25日公演の北米ツアーが行なわれる。

Billboard Daily News 2008年1月15日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品セール開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる