海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 高まるニュー・アルバムへの期待 Fray

高まるニュー・アルバムへの期待 Fray


2005年にアルバム『HOW TO SAVE A LIFE』でデビューを飾ったFRAY。当初アルバムはスロー・ペースで売り上げを伸ばしていたが、タイトル・トラックが人気テレビ・ドラマ『GREY'S ANATOMY』の印象的なシーンに使われたことでセールスが一気に爆発。これまでに全米だけで230万枚を売り上げている。そんな中、この夏にEPICよりリリースを予定している待望のセカンド・アルバムに対して、メンバーは並々ならぬプレッシャーを感じているようだ。
プロデューサーのMIKE FLYNNは、「周囲の期待が高まっていることは、メンバー全員が肌で感じている。僕は自分の考えを並べ立てることはせず、アイデアを提示しながら彼らを後押してサポートするプロデューサーを心がけてるよ。そうしないと、いろいろと強く主張してしまいそうだからね。とにかく彼らにとってアルバム制作は初めてじゃないし、新しいことに挑戦しようと積極的に取り組んでいる。やってみてうまく行かなければ、以前のやり方に戻ればいいだけだからね」とコメントしている。
彼らは地元デンバーでアルバム制作を進めており、これまでに6曲の新曲を仕上げたとのことだ。そしてプロデューサーのFLYNNは、「2年半に渡るツアーを経験して、彼らは信じられないほど素晴らしいライヴ・バンドに成長した。新作をリリースする準備は十分に整ったよ」と太鼓判を押す。
FRAYは最近のライヴで新曲「HAPPINESS」と「DIXIE」を演奏しているが、それらが新作に収録されるかどうかは定かではない。「いい曲だが、すでにツアーで何度も演奏しているので、メンバーにとってはすでに“古い”とイメージがあるようだ。ニュー・アルバムに収録する曲は、25〜30曲ほどの新曲の中から選ぶことになると思う」とFLYNNは語っている。

Billboard Daily News 2008年1月9日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる