海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > レコード会社を詐欺で訴える Travis Tritt

レコード会社を詐欺で訴える Travis Tritt


TRAVIS TRITTが契約解消と詐欺を主張してレコード・レーベルとその社長を訴えている。
今年最新作『THE STORM』を新しいインディペンデント・レーベル、カテゴリー5レコードから発表したTRITTだが、1000万ドルの損害賠償を求めている。訴えられたのはカテゴリー5と社長兼CEOのRAY TERMINIだ。
TRITTによると、彼はTERMINIにレコード会社としてのカテゴリー5の能力と資金力を誤って伝えられ、財政的責務を果たすことができると信じ込まされたという。また、約束されたような完全な制作上の主導権も与えられず、プロモーション・ツアーや印税の支払いも拒絶されたと訴えている。
先月、TERMINIがCEOを務めるニューイングランドの介護会社が破産したが、それは彼がレーベルを興すためにメディケード(州の医療扶助制度)の基金を不法に使ったかどうか取調べられている最中のことだった。州政府は会社がカテゴリー5を興すために基金を流用する一方で不渡り手形を出していたとしている。TERMINIは基金の流用を否定している。
訴訟によると12/1の時点でカテゴリー5はTRITTに399300ドル以上の借りがある。カテゴリー5は2006年にTRITTと4年契約を結んでいる。会社のウェブサイトによると他に契約しているアーティストはSAMMY KERSHAW、SHAUNAなどがいるようだ。

Billboard Daily News 2007年12月13日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 20%OFFクーポン発行中!
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる