海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 全英アルバム&シングル・チャートNO.1を独占 LEONA LEWIS

全英アルバム&シングル・チャートNO.1を独占 LEONA LEWIS


12/9付けの全英チャートで、ロンドン出身の女性シンガーLEONA LEWISのシングル「BLEEDING LOVE」が7週目のNO.1を獲得し、同時にアルバム・チャートでも『SPIRIT』が4週目のNO.1に輝き、依然として独走状態が続いている。
シングル・チャートではT2 featuring JODIEの「HEARTBROKEN」が3週目の2位をキープして続いているが、TOP 10圏内に新たにエントリーした曲はなく、LEWISを脅かす強力な存在はまだ現れていないようだ。一方アルバム・チャートでも、WESTLIFEの「BACK HOME」が先週の3位から2位に再上昇した以外は特に目立った動きはなく、TOP 40圏内にニュー・エントリーしたのはダンス・ユニットCASCADAの「PERFECT DAY」(12位)1曲だけにとどまっている。
シングル・チャートで今週新たなエントリーしたのは、13位のELVIS PRESLEYのシングル再発シリーズの1曲「BURNING LOVE」、16位のCASCADA「WHAT HURTS THE MOST」、20位のARCTIC MONKEYS「TEDDY PICKER」、そして21位のENEMY「WE'LL LIVE AND DIE IN THESE TOWNS」の4曲。
また今年からダウンロードによる売り上げが初めてチャートに反映されるようになったこともあり、今週のシングル・チャートではクリスマス・ソングが多数を占めている。これにより、1994年にシングル・チャートで2位まで上昇したMARIAH CAREYの「ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU」が先週の23位から8位に上昇し、13年ぶりにTOP 10入りを果たした。
また、1984年と1985年にTOP 10ヒットとなったWHAM!の「LAST CHRISTMAS」は先週の50位から23位へ上昇し、小売りチェーン店MARKS & SPENCERのキャンペーン・ソングとしてフィーチャーされているANDY WILLIAMSの「IT'S THE MOST WONDERFUL TIME OF THE YEAR」は先週の43位から25位に上昇した。

Billboard Daily News 2007年12月11日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 楽天キャンペーン
  • ノベルティーキャンペーン
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる