海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ステージ上の暴言で前座を下ろされる Kristeenyoung,Morrissey

ステージ上の暴言で前座を下ろされる Kristeenyoung,Morrissey

実験的ロック・デュオのKRISTEENYOUNGがMORRISSEYの現在行なわれている全米ツアーの前座をクビになった。10月23日にニューヨークのハマースタイン・ボールルームで行なわれたコンサートで、フロントウーマンのKRISTEEN YOUNGが言ったことが原因らしい。
グループのマイスペースに彼女は「不幸にしてその発言は冒涜的だと取られてしまったの(実際中学校の保健の教科書に出てくるような言葉なのに)。それは私がそのステージの間に言ったことの一部だった。そういう“攻撃的”な発言は、文学的でもないし、私が歌詞で書いているものとも違う。歌詞では美しくて知的なものを目指しているけど、そういう部分では日常的な感じになるのよ。たぶん、ちょっと日常的すぎちゃったのかもしれない。だけど、悪気はなかった。MORRISSEYのことは心の底から大好きだし、これからも愛し続けるわ」と書いている。
彼女は演奏中に観客の数人が「MORRISSEY」と合唱し続けているのに対して「MORRISSEY GIVES GOOD HEAD(MORRISSEYがフェラチオをしてくれるわよ)、えーと、クンニリングスをね」と言ったとされる。
KRISTEENYOUNGは2006年3月以来170ものコンサートでMORRISSEYの前座を務めている。10月26日から、SMITHSの有名な曲からバンド名を取ったサンアントニオのバンド、GIRL IN A COMAが前座を務める。
MORRISSEY側はこの件に関してノーコメント。

Billboard Daily News 2007年10月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 売りつくしSALE開催中!
  • こども服全品セール開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる