海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 元ベーシストがスイスで急死 Killing Joke

元ベーシストがスイスで急死 Killing Joke

イギリスのポスト・パンク・グループ、KILLING JOKEのベース・プレイヤーだったPAUL RAVENが10/20の朝、睡眠中に亡くなった。享年46歳。彼はスイスでレコーディングを行なっていた。死因は心臓麻痺と見られている。
1961年1/16にイギリスのウォルヴァーハンプトンに生まれたRAVENは地元のパンク・バンド、NEON
HEARTSで名を挙げ、1979年にアルバムをレコーディング。その後、後にDOGS D’AMOURを結成するTYLAとKITSCHを結成。1982年にKILLING JOKEにオリジナル・ベーシストのYOUTHの後釜として加入し、1983年のシングル「BIRDS OF A FEATHER」でバンド・デビューを飾る。1985年のアルバム『NIGHT TIME』は全英アルバム・チャートで11位まで上がり、バンドにとって最大のヒットとなった。
1987年にいったんバンドをクビにされたものの2年後復帰。このラインナップのKILLING JOKEは1991年に終わるが、2003年にニュー・バージョンで復活したときもRAVENは参加している。彼は他にもPRONG、MURDER INC.、PIGFACE、GODFLESHなどのバンド参加。MINISTRYの2006年のツアーに参加し、彼らのアルバム『RIO GRANDE BLOOD』(2006年)や『THE LAST SUCKER』(2007年)でもプレイしている。
死亡当時、彼はフランスとスイスの国境にある小さな街でフランスのレコーディング・アーティスト、TREPONEM PALと共にTED PARSONS(元PRONG/元KILLING JOKE)らとの新しいコラボレーションの仕事をしていたという。

Billboard Daily News 2007年10月24日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • GUESSオープン!
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる