海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ヒップホップの歌詞に関する公聴会が開かれる DAVID BANNER

ヒップホップの歌詞に関する公聴会が開かれる DAVID BANNER

9/25、ヒップホップ・ミュージックにおける性差別的・暴力的表現に関する公聴会がワシントンで開かれ、立法関係者、レコード会社幹部、ラッパーたちが出席。それぞれの意見は異なるものの、政府が解決策として提示する“検閲制度”に関しては揃って反対の立場を表明した。この問題は人気ラジオ司会者が、大学の女子バスケ・チームに関して性的表現を使って揶揄したことが発端。ラッパー兼プロデューサーのDAVID BANNERは、「ドラッグ、暴力、犯罪といったテーマは、ヒップホップが誕生する以前から存在する普遍の問題」とコメント。業界の幹部たちも、エルウ゛ィス、ビートルズ、ローリング・ストーンズが登場した際の似たような社会論争があったと反論。型にはまった基準を設けたり検閲制度を導入しても、何の解決にもならないと述べた。

Billboard Daily News 2007年9月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 楽天キャンペーン
  • 全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる