海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 大統領批判部分がウェブ放映でカットされる PEARL JAM

大統領批判部分がウェブ放映でカットされる PEARL JAM

AT&Tが8/4に行なわれたロラパルーザ・コンサートのサイバーキャストでPEARL JAMのライブの一部を検閲していたことが明らかになった。「DAUGHTER」を演奏中、フロントマンのEDDIE VEDDERが「ジョージ・ブッシュ、この世界を放っておいてくれ/自分の新しい家を見つけろよ」と歌ったが、この部分が削除されていた。また、石油大手企業のBP AMOCOを罵ったり、イラク戦争の傷病退役兵をステージに上げ、紛争を終わらせろと主張した部分もカットされていた。AT&T側は「ウェブキャスト側のミス」としているが、「今後は自分たちのウェブキャストを検閲から守るためもっと努力する」という声明がバンドのウェブサイトに掲載されている。

Billboard Daily News 2007年8月10日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • こども服全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる