海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 演奏中に熱射病で倒れる ORNETTE COLEMAN

演奏中に熱射病で倒れる ORNETTE COLEMAN

ジャズの大御所、フリージャズの開祖でもあるORNETTE COLEMANが6/17、テネシー州マンチェスターで開催されているボナルー・フェスティバルの演奏中、ステージ上で熱射病で倒れ、地元の病院に移送され医者の治療を受けている。ボナルー・フェスティバルのスポークス・パーソンによる、77歳のサックス奏者のCOLEMANは倒れてすぐに近くの医療テントに大急ぎで運ばれ、点滴の治療を受けた。ORNETTE COLEMANは意識はハッキリしており、倒れる寸前まで全くその兆候はなかったと話している。彼は現在地元のコフィー・カントリー病院で休養をとっている。彼の次のコンサートの予定は7/6、ノルウェイのコングスバーグで毎年開催されるジャズ・フェスティバル。

Billboard Daily News 2007年6月18日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 4000円以上で送料無料
  • こども服全品SALE!
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる