HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ロックと政治のドキュメンタリーで音楽担当 RADIO 4

ロックと政治のドキュメンタリーで音楽担当 RADIO 4

ニューヨークのロック・バンドのRADIO 4が過去40年間にCLASHやMANU CHAOのようなアーティストが持っていた政治的インパクトを検証するANTONINO D’AMBROSIOのドキュメンタリー『LET FURY HAVE THE HOUR』のスコアを書いている。映画は同名のAMBROSIOの著書に基づいたものでエグゼクティブ・プロデューサーは俳優でもあるTIM ROBBINS。サウンドトラックはRADI0 4の新曲の他、CHUCK D、MOBY、TED LEO、MOS DEF、DEATH CAB FOR CUTIEのBEN GIBBARDらの作品からなっている。RADIO 4のANTHONY ROMANは「音楽と政治のかかわりをWOODY GUTHRIEやDYLANの時代にさかのぼって検証している。映画のテーマは、音楽が世界的政治言語になりうるということ」と語っている。

Billboard Daily News 2007年4月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 対象アイテム70%オフ
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる