海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 未払いの印税を巡ってレーベルを起訴 BAY CITY ROLLERS

未払いの印税を巡ってレーベルを起訴 BAY CITY ROLLERS

3/20、BAY CITY ROLLERSは過去25年以上に渡って数百万ドルの印税が払われていないとARISTAレコードに対して訴訟を起こした。70年代に「SATURDAY NIGHT」、「I ONLY WANT TO BE WITH YOU」などのヒットを放ったバンドの6人のメンバーはARISTAがアルバム、CD、マルチメディア・ライセンス、マーチャンダイズ、着メロやコマーシャル、映画などの権利に関して印税を支払うべきだと主張している。レーベルは支払いをどのように分配するかがハッキリしていないからという理由で、1997年に254,392ドル払ったのみ。バンド側はこれを支払いを遅らせるための単なる言い訳だとしている。ちなみにアメリカでも「SATURDAY NIGHT」は1位を獲得したが1981年に解散している。

Billboard Daily News 2007年3月22日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる