HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 10月9日 星野源/Gacharic Spin/藤原さくら/スガ シカオ/レキ...

10月9日 星野源/Gacharic Spin/藤原さくら/スガ シカオ/レキシ/KEYTALK/Xmas Eileen出演【ビクターロック祭り】1万人が大熱狂 ライブレポート

この【ビクターロック祭り×MBS音祭〜2016大阪・秋の陣〜supported by uP!!!】は、「ずっとロック、これからもロック。」を合言葉に2014年からスタート。今回は3回目にして、初めての大阪開催となった。出演するのは、Gacharic Spin、KEYTALK、Xmas Eileen(オープニングアクト)、スガシカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)、藤原さくら、星野 源、レキシのジャンルも異なる計7組のアーティスト。そんな当日の模様をレポートする。


 オープニングアクトのXmas Eileenが強烈な爪痕を残し、トップバッターとしてさらに盛り上げてくれたのは、現在ワンマンツアー真っ最中、来年には台湾での公演も控え、ガチャ旋風を巻き起こしているGacharic Spin。レイバースとコラボした光るスニーカーを履いて登場。はな(Vo&Dr)の力強いドラムさばきとクールな歌声で今年9月に発売されたばかりのメジャー2ndアルバムより「KAKUHEN」を披露。ガールズバンドさながら、これだけの高い演奏技術にオーディエンスは釘付け!「シャキシャキして」では耳馴染みがあり、ノリやすく、彼女たちを初めて見たオーディエンスも思わず立ち上がり踊りだす。 オレオレオナ(Vo&Key)のセクシーパイパイプレイなど、常に全力で、ちょっぴりセクシーなパフォーマンス、そして120%の笑顔で会場を沸かせてくれた。


 続いて二番手で登場したのは、天性のスモーキーな歌声を持つ、藤原さくら。英詞の楽曲「Walking on the clouds」や「I wanna go out」を演奏し、カントリー調の弾んだ曲だけでなく、ジャジーで大人な雰囲気でバラエティに飛んだ'“ロック祭り”にちなんだ攻めのセットリストを見せてくれた。MCを挟み、披露したのは、今春に放送され、彼女の代表曲ともなった、月9ドラマの挿入歌「好きよ 好きよ 好きよ」と主題歌「Soup」。多くの人が生の歌声にうっとりしたことだろう。最後は「かわいい」で締め、こころ暖まるステージとなった。


 KEYTALKはサウンドチェックから「YURAMEKI SUMMER」を披露するなど、ファンを喜ばせ、意気揚々と登場した。四つ打ちが土台となる正統派ロックサウンドで、彼らのライブでは定番の「パラレル」や「桜花爛漫」など、ツインヴォーカルを生かした、歌って踊れるナンバーを炸裂させると、「音がどこまでも伸びていく!」と会場のデカさを実感していた。11月23日に発売される9枚目のシングル「Love me」は首藤義勝(Vo&Ba)の作詞・作曲によるダンスポップなナンバーで文句なしの名曲だ。そして、ここからますます勢いはとどまることを知らず、「MATSURI BAYASHI」、「MONSTER DANCE」でテンションはブチ上げ!「絶対にここ(大阪城ホール)でワンマンします!」と高らかに宣言し、珠玉のライブを届けてくれた。


 ステージには幟が設置され、ホラ貝の音と共に登場したレキシ。「今日は時間が惜しいので」と音を止め、巻き気味でスタート。実は大阪城ホールでのライブは初と言うことで、ある意味、“レキシ”的にすごいことが発覚(笑)一曲目にしてフィナーレのような「きらきら武士」や「SHIKIBU」を披露。星野源ファンが多いと確信している池田貴史は、「狩りから稲作へ」の歌中、レキシのグッズである稲穂を客席から借り、星野源の「SUN」の替え歌も披露するなど盛り上がりを見せた。持ち時間40分をあっという間に使い切るパフォーマンスとトークで終始笑いに包まれるステージを見せてくれた。


ギターを持ち、1人で登場したスガ シカオ。「リスペクトと感謝の持ちを込めて…」と「夜空ノムコウ」を熱唱し、オーディエンスの涙を誘った。バンドメンバー、そして、THE BACK HORNの菅波栄純(Gt)が登場し、今年1月に発売した『THE LAST』を中心としたセットリスト。ダイナミックなバンドのアンサンブルと菅波の卓越したギタープレイ、いつまでも変わらないスガのハリのある歌声に高揚する会場。そんな菅波のパフォーマンスが超越しすぎて、ギターを放置し踊り続けているところに、スガが「ギターは持てよ(笑)」とツッコミをいれる一面も。最後は「Progress」で締め、感動的な時間に浸る。


 最後、トリを飾ったのは星野源。アナウンスとともに大歓声が沸き起こる中、大阪城ホールのステージに1人で登場し、「くせのうた」の弾き語りからライブがスタート。その歌声が会場をやさしく包み込む。弾き語りが終わるとともに「地獄でなぜ悪い」、「化物」を立て続けに披露、「久しぶり!大阪ー!」と叫び、会場のテンションを一気に盛り上げていく。その後もMCを挟みながら「夢の外へ」や「Crazy Crazy」など、ヒット曲が立て続けに演奏され、ワンマンさながらの圧巻のパフォーマンスを展開。本編終盤の「SUN」のサビではレキシに応える形で、レキシのグッズの稲穂を振りかざすなど、サービスを見せ、ファンは大喜び。ほぼノンストップで「Week End」が披露され、本編が終了する。アンコールでは大ヒット中の「恋」のMVと同じ衣装にチェンジし、同曲をライブで初披露し、大歓声が起こる中、【【ビクターロック祭り×MBS音祭〜2016大阪・秋の陣〜supported by uP!!!】の幕が下りた。


photo by Joe、maco-j
・Xmas Eileen
・藤原さくら
・レキシ
・星野 源


photo by 大久保啓二、小林俊史
・Gacharic Spin
・KEYTALK
・スガ シカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)

Billboard JAPAN|Daily News 2016年10月22日 17:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる