HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 遂に全米TOP10入り!J・ビーバーのヴォーカルの凄味を感じるD...

遂に全米TOP10入り!J・ビーバーのヴォーカルの凄味を感じるDJスネイク「レット・ミー・ラブ・ユー」(Song Review)

 8月27日付・米ビルボード・アルバム・チャートで8位にデビューを果たした、DJスネイクの実質上のデビュー・アルバム『アンコール』から、先行シングルとしてリリースされた「レット・ミー・ラブ・ユー」が、最新のソング・チャートで6位に浮上し、自己最高位を更新した。


 この曲は、ジャスティン・ビーバーをフィーチャリング・ゲストに迎えた、お得意のトロピカル・ハウスを起用したダンスチューンで、ジャスティンのヴォーカルが全面に活かされたキャッチーなサビが印象的な1曲。DJスネイクの出身であるフランスやドイツでは、先立ってNo.1を獲得している。


 制作は、DJスネイクとジャスティン・ビーバー、ニューヨーク出身の新人シンガーソングライター、アンドリュー・ワットと、ワン・ダイレクションやデミ・ロヴァートといった人気シンガーたちを手掛ける、アレクサンドラ“Ali Tamposi”が担当している。初週のデジタル・チャートでは113,000ダウンロードを記録し、No.1デビューを果たした。


 2015年、最高位4位をマークした、DJスネークの大ヒット曲「リーン・オン」と似た中毒性は、「NAH NAH NAH」と同じフレーズを繰り返すフックと、強烈なデジタル音が飛び交うインタールードにある。二番煎じといえばそれまでだが、ジャステインを起用することによって、「リーン・オン」とはまったく別物の楽曲に聴こえる。彼のヴォーカルは、どの曲も瞬時に自分色に染め上げてしまうから凄い。


 8月5日に公開されたリリック・ビデオは、1億回の視聴回数を突破し、大きくチャートのポイントに貢献している。16億視聴回数という、驚異的な数字を叩き出した「リーン・オン」のビデオに続き、この曲もミュージックビデオが完成すれば、リリック・ビデオ以上の視聴回数を期待できるだろう。


 DJスネイクのデビュー作『アンコール』からの次のシングルは決定していないが、アルバムには、その他にも人気ラッパー、トラヴィス・スコットが参加したヒップホップ・チューン「オー・ミー・オー・マイ」や、「リーン・オン」のパートナーとして相性の良さをみせた、スクリレックスとの共作「サハラ」など、シングル曲として候補に上がりそうな曲が待機している。


Text:本家一成


◎リリース情報
「レット・ミー・ラブ・ユー feat. ジャスティン・ビーバー」
DJスネイク
2016/8/5 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/CfXvc5

Billboard JAPAN|Daily News 2016年9月25日 18:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる