海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Brian Littrell 単独来日公演2日目をレポート!

Brian Littrell 単独来日公演2日目をレポート!

元バックストリート・ボーイズのケヴィン・リチャードソンの飛び入り参加というサプライズで大盛り上がりだった2/26(月)新木場STUDIO COASTの公演から一夜明けた2/27(火)、同じく新木場STUDIO COASTにて2日目となる単独公演を行なったブライアン・リトレル。この日も会場は、ブライアンの温和な人柄が醸し出す和やかな雰囲気に終始包まれた。「My Answer Is You」でライヴがスタートすると、たちまち会場は興奮状態に。ブライアンは前列の観客から差し出されたぬいぐるみを大事に受け取っては抱きながら歌ったり、曲が終わるごとにまるで隣にいるかのように観客に話しかけ、ステージとフロアの距離を全く感じさせないアットホームな空間に。ソウルフルにアレンジされたバックストリート・ボーイズの名曲「BackStreet's Back」では、会場から大合唱が湧き起こった。さらに、ライヴ中盤にはブライアンの愛息ベイリー君が登場! 観客からのたくさんのぬいぐるみを受け取ると「アリガトウ」とご挨拶。ディズニー好きということもあって「小さな世界」を何とも可愛らしい歌声で披露するなど会場の人気を独り占めにしてしまった。その後、アコースティック・セットでしっとりと感情を込めて歌い上げた「Gone Without Goodbye」、ティム・マッグロウの「Don't Take The Girl」のカヴァーが続くと、いよいよクライマックスへ。バックストリート・ボーイズのメドレーで再び盛り上がった会場だが、昨日登場したケヴィンが今日は来られないことを伝えると「え〜っ」という残念なため息に変わる。しかし、そこは観客を楽しませるのが得意なブライアン、なんとケヴィンを始めAJ、ハウィー、ニックのモノマネを披露! 会場の笑いを誘い大満足のブライアンは、PVが流れる中「Welcome Home」を演奏し、ハートフルな空間に包まれた東京公演は幕を閉じた。なお、ブライアンの日本ツアーは2/28(水)ZEPP NAGOYA、3/1(木)大阪・なんばHATCHと続く。詳細はオフィシャル・サイトをチェック!

(VIBE-NET.COM - music news) 2007年2月28日 18:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • LINEスタンプ
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる