海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > やくしまるえつこ 自己複製し続ける微生物に楽曲情報を組み込...

やくしまるえつこ 自己複製し続ける微生物に楽曲情報を組み込む「人類滅亡後の音楽」制作

 2016年9月17日から11月20日まで、茨城県北地域6市町の海と山を舞台に開催される国際芸術祭【KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭】。やくしまるえつこが手がける公式テーマソングの概要が発表された。


 テーマソングのコンセプトは「人類滅亡後の音楽」。古来より伝達と記録によって継続されてきた人類の歴史。同じく伝達と記録、また変容と拡散の歴史の中にある音楽。その関係性と、遺伝子とDNAとの関係性の類似に着目し、いつか人類が滅んだとしても新たな生命体が記録/DNAを読み解き、奏で、歴史を繋ぐことのできる音楽を、遺伝子組み換え技術を用いて制作する。


 【KENPOKU ART】が開催される茨城県北地域は、自然と科学の深い結びつきを持ち、海と山には古くから“らん藻”(シアノバクテリア)の一種である微生物“シネココッカス”が生息している。やくしまるは、この微生物の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作。さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成して、この微生物の染色体に組み込む。楽曲そのものはもとより、この遺伝子組み換え微生物そのものを「KENPOKU ART」のテーマソングとする。制作された音楽をDNA情報にもつ遺伝子組み換え微生物は、自己複製し続けることが可能なため、最強にして最長の音楽記録媒体、歴史に類を見ない流通形態となる。


 音源は【KENPOKU ART】会期スタートと同時に世界一斉配信。また、芸術祭期間中は、関連展示会場として、東京・FabCafe MTRLに新設されるバイオラボにて、この遺伝子組み換え微生物の実物が展示される予定となっている。




◎国際芸術祭【KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭】
2016年9月17日(土)〜11月20日(日) 
開催市町:茨城県北地域6市町(日立市・高萩市・北茨城市・常陸太田市・常陸大宮市・大子町)


◎【KENPOKU ART 2016】公式テーマソング『(タイトル未定)』
2016/09/17 DIGITAL DISTRIBUTION
遺伝子組換え微生物展示予定:東京・FabCafe MTRL

Billboard JAPAN|Daily News 2016年6月30日 18:41:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • 新作25%OFFクーポン発行中!
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる