HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > AKB48選抜総選挙 TOP3は指原莉乃/渡辺麻友//松井珠理奈! 小...

AKB48選抜総選挙 TOP3は指原莉乃/渡辺麻友//松井珠理奈! 小嶋陽菜は卒業発表/峯岸みなみも最後と告白

 6月18日 HARD OFF ECOスタジアム新潟にて【AKB48 45thシングル選抜総選挙】開票イベントが開催され、立候補した272名のうち上位80位の順位が発表された。


 1位の栄冠に輝いたのは、指原莉乃(HKT48)。初の総選挙連覇を成し遂げた。続く2位は渡辺麻友(AKB48)、3位は松井珠理奈(SKE48)となり、80位以内の各グループメンバーの議席数(ランクイン人数)は、AKB48が28名、SKE48が20名、NMB48が11名、HKT48が19名、NGT48が2名となり、AKB48が第一党となった(兼任メンバーは本所属のグループで算出)。


<各グループが最後のお願いとしてパフォーマンス対決>


 総選挙開票イベントに先駆け行われたAKB48グループコンサートは、観覧者に投票権がある為、まさに選挙モード。オープニングでは、地元新潟を拠点とするNGT48のキャプテン北原里英をはじめ、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の各グループのメンバーが選挙カーに乗って登場し、会場に集まった観覧者に向け、自身のグループへの支持を呼びかけるとともに、第一党の座を獲得することを力強く宣言する演説合戦となった。


 今回は最も多くの議席数を獲得したグループに、ファンとの感謝祭や新公演開催などの豪華特典が進呈されることから、パフォーマンスもグループごとに実施。それぞれの個性や魅力を伝え切ろうと、いつにも増して熱の入ったパフォーマンスが行われた。その他にも、衣装に名前入りのたすきを付けた他、10秒のアピールタイムでメンバー1人ひとりが猛アピールをしたりと、最後の最後まで自身および所属チームへの支持をお願いする、一風変わったコンサートとなり、その熱気は夕方からの開票イベントへと持ち越さた。


<NGT48メジャーデビュー決定 新潟での嬉しいサプライズ発表に涙>


 各グループのパフォーマンスの先陣を切ったNGT48にとって嬉しいサプライズが。ソニー・ミュージックレーベルのアリオラジャパンからメジャーデビュー決定が発表され、突然の発表にメンバーはステージ上で嬉し涙を流した。なお、デビュー時期は、今秋から来年年明けを予定している。


 北原里英(NGT48キャプテン)は、「突然のサプライズで本当に驚きましたが、NGT48のホームである新潟でのコンサートで発表していただけたことが、何より嬉しかったです。メンバーのみんなが喜んで泣いている姿を見て、これからもNGT48メンバー26名がさらに一丸となって頑張っていけると思いました。とても素敵な曲に出会えることを、今から楽しみにしています。デビュー曲が新潟のみなさんはじめ全国のみなさんに愛される曲になり、NGT48もこれまで以上に愛されるグループに成長できるよう進んでいきたいと思います」と語った。


<速報1位の麻友を逆転し、指原が連覇! 珠理奈SKE48初の第3位!>


 アップカミングガール(65〜80位)には、地元開催のNGT48の加藤美南が76位にランクイン。結成1年未満のグループからのランクイン、しかも速報圏外からの大逆転を果たす快挙を成し遂げ、会場から驚きと祝福の声が沸き上がった。加藤はアクロバットガールらしく、前転からの前宙を披露し、その喜びを表現。フューチャーガール(49〜64位)には、部屋掃除をしないSKE48谷真理佳、緊張のあまり号泣した後にトイレに行ってしまったHKT48神志那結衣など個性的すぎるメンバーが揃い、センターを務める49位のSKE48二村春香が「どうなるのかな……」と戸惑いの表情を浮かべる一幕も。


 ネクストガール(33〜48位)の発表では、44位となったNMB48須藤凜々花が卒業を考えていたことを明かしながらも「まだ東京には帰れません!」と、今後のさらなる奮起を誓った。また、34位には倉野尾成美がランクインし、チーム8として最高順位を獲得。アンダーガールズ(17〜32位)には、速報でいきなり9位に入り話題となったSKE48竹内彩姫が31位となった他、HKT48矢吹奈子が28位になり3度目の総選挙挑戦で念願の初ランクインを果たした。センターとなる17位には、AKB48峯岸みなみがランクイン。今回が自身にとって最後の総選挙参加になることを明かした。


 そして、いよいよ選抜メンバー(1〜16位)の発表。何かと話題をさらってきた、にゃんにゃん仮面(小嶋陽菜)は16位で選抜入り。わんわんポリスに追いかけられる場面もあったが、最後には仮面を外して挨拶し、「私、小嶋陽菜は、AKB48を…やっと卒業します!」と卒業を発表した。13位には「翼はいらない」でセンターを務めた向井地美音がランクインし、初の選抜入り。「センターを1度きりで終わらすつもりはありません」と力強く宣言し、これからのAKB48グループを牽引していくことを誓った。


 地元の新潟開催となったNGT48のキャプテン北原里英は12位に。昨年より1つ順位を落としたものの、新潟やNGT48メンバーへの愛を語り、メジャーデビューが決まったグループをこれからも先頭を走って引っ張っていくことを約束。総監督として初めて総選挙に挑んだ横山由依は11位。総監督の重責と戦ってきた苦悩を涙で声を詰まらせながら語ったが、最後には「これからも48グループをよろしくお願いします」と総監督としての挨拶で締めくくった。ランキングも大詰めのベスト5。1位への期待もあったAKB48柏木由紀(NGT48兼任)は5位という結果に。それでも本人は、AKB48とNGT48との兼任や、グループ初のソロツアーを達成した1年を振り返り、満足の表情で感謝の挨拶を述べた。第4位となったNGT48山本彩は「みなさんはアモーレです」と関西人らしく笑いをとって感謝の挨拶。


 第3位は、AKB48と兼任を解除しSKE48としての活動に専念してきた松井珠理奈。名古屋勢としては初のベスト3入りを果たしたが、満足することなく「まだまだ上を目指していきまーす!」とどん欲に語り、さらには「あと5年は卒業しません!」と驚きの宣言も飛び出した。第2位は、渡辺麻友。速報で1位となり、昨年のリベンジも期待されたが、あと一歩及ばず、挨拶では「わー、惜しい!」と悔しさをにじませながらも、ともに戦ってくれたというファンに対し感謝の気持ちを伝えた。また、後輩たちに対しても「恵まれた環境への感謝の気持ちを忘れずにいてほしい」「今という一瞬を悔いのないように日々歩んでいってほしい」と語り掛けた。


 そして第1位は、昨年に続き、HKT48の指原莉乃。前田敦子や大島優子も達成出来なかった連覇を成し遂げ、自身3度目の栄冠となった。総選挙1位のメンバーしか座ることの許されない椅子に座り、「最高です! ありがとー!」との絶叫がエコスタに響き渡り、今年の総選挙は幕を閉じた。


<AKB48×ハリウッド『CROW’S BLOOD』映像特別披露にメンバー絶叫>


 なお、48グループコンサートのMCコーナーでは、AKB48×ハリウッドとして渡辺麻友と宮脇咲良がW主演を務めるドラマ『CROW’S BLOOD』の映像を特別に披露。次々に展開される戦慄のシーンの数々に、ステージで見ていたメンバーも絶叫! あまりの衝撃に、指原莉乃が「こんなのどかなところで何見せるの!」と、主演の渡辺麻友にツッコむほどでした。なお、本ドラマは、7月23日よりHuluにて配信開始される。


<『DOCUMENTARY of AKB48』最新作 正式タイトル決定&キービジュアル解禁>


 また、『DOCUMENTARY of AKB48』第5弾の正式タイトルが『存在する理由 DOCUMENTARYof AKB48』に決定したことも発表。同時に、本予告とキービジュアルも公開された。本作は、7月8日に公開される。


<45thMV出演者募集プロジェクト「#告れ日本プロジェクト」始動>


 さらに、「#告れ日本プロジェクト」と題して、今回の総選挙の選抜メンバーが歌う45thシングルのミュージックビデオの出演者を募集することが発表された。出演条件は、ただひとつ「愛の告白をしたい人」。告白したい人の元へ、選抜メンバーが直接出向き、その告白をサポートする。


(C)AKS


◎1位指原莉乃(HKT48チームH/HKT48劇場支配人)コメント
みなさん、本当に本当に本当にありがとうございます。あっちゃんも、ゆうこちゃんも達成できなかった連覇を私なんかがという気持ちもありますが、達成できたことを心から嬉しく思っています。一つだけお願いがあります。どうか私を1位として認めてください。今まで1位をとってきた来たメンバーと同様、ファンとの絆はあついと思っています。なので、私の1位は当たり前じゃありません。私のファンの皆さんが頑張ってくれた1位です。私に心からのおめでとうをお願いします。本当に幸せです。ありがとうごさいます。そしてHKT48メンバーのみんな、いつも数え切れないほどの幸せを本当にありがとう。みんながいるから頑張れます。トロフィーを持って大分に帰って報告したいと思います。ありがとうごさいました。


◎2位渡辺麻友(AKB48チームB)コメント
今年は返り咲くぞ、1位を獲るぞ、とファンの方と一致団結して今日まで歩んできたので、残念ながら1位になれなかったのはとっても悔しいです。本当に不安で不安で逃げ出してしまおうかと悩んだ時もあった選挙期間でした。握手会などで、みなさんが心強い言葉をかけてくれて、励みになりましたし、とても勇気づけられました。はっきり言って、今AKB48はピンチだと思います。でも、私は先輩方が作ってくれたAKB48をこのまま終わらせたくはありません。この先も48グループが何十年先も愛され続けるグループであるように、私も貢献していきたいです。後輩メンバーにも伝えたいことがあります。今見えているこの景色は当たり前ではありません。この先、同じ景色が見続けられるとは限りません。恵まれた環境への感謝の気持ちを忘れずにいてほしいなと思いますし、今という一瞬を悔いのないように日々歩んでいってほしいなと思っています。AKB48のメンバーとしての誇りを胸に日々精進してまいりたいと思います。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年6月20日 18:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる