海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【先ヨミ】Lead 4年ぶり新ALがトップ、堂本剛のミニALがすぐ...

【先ヨミ】Lead 4年ぶり新ALがトップ、堂本剛のミニALがすぐあとにつける!

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年6月6日〜6月8日までの集計が明らかとなり、Lead『THE SHOWCASE』と堂本剛『Grateful Rebirth』が熾烈な首位争いを繰り広げている。


 『THE SHOWCASE』は、約4年ぶりにリリースされた、3人体制のLeadでは初となるアルバム。シングル7曲に、メンバーそれぞれが手掛けた楽曲を含む全15曲を収録している作品が2.3万枚を売り上げている。そして、堂本剛のミニアルバム『Grateful Rebirth』が2.2万枚でそのすぐ後ろを追いかける展開に。その差は1000枚になっており、次週発表の結果で上位の順位が入れ替わる可能性は十分にある。


 3位は、OLDCODEXのシングルコレクションアルバム『Fixed Engine』。松田聖子の通算50枚目となるオリジナル・アルバム『Shining Star』が4位。5位には、6月13日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”3位の乃木坂46『それぞれの椅子』が入っている。


◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年6月6日〜6月8日までの集計)
1位:『THE SHOWCASE』Lead 2.3万枚
2位:『Grateful Rebirth』堂本剛 2.2万枚
3位:『Fixed Engine』OLDCODEX 1.6万枚
4位:『Shining Star』松田聖子 8000枚
5位:『それぞれの椅子』乃木坂46 7000枚
※表示枚数は概数となります。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年6月9日 15:37:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天キャンペーン
  • アウター全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる