HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 宮沢りえ 『ジャングル・ブック』吹替えキャストに! 幸せそ...

宮沢りえ 『ジャングル・ブック』吹替えキャストに! 幸せそうに語るインビュー到着

 8月11日に全国公開する映画『ジャングル・ブック』日本語吹替え版で、主人公の少年モーグリに深い愛を注ぐ母親オオカミのラクシャを、日本を代表する女優・宮沢りえ(43歳)が演じることとなった。


 同映画は4月15日に全米で公開され、3週連続週末興行成績第1位を獲得。公開から6週を経ても未だ勢いは衰えず、既に世界興収が9億4,601万8314ドルに達した(全てBOX OFFICE MOJO調べ、1ドル=110円換算。5/23現在)。そして圧倒的な映像美で映し出される力強い生命の物語に、世界中で絶賛の声が相次いでいる。


 宮沢りえが実写吹き替え初挑戦となる本作で演じたのは、人間の子供モーグリをわが子のように育てる愛情深い母親オオカミのラクシャ。「強いものとか権力のあるものへの正義感、弱いものを守る正義感は、私と共通する所があるかもしれません。」と、ラクシャの母親としての役割と愛情に共感し、「私も娘がおりますし、博愛的な愛情を日常の中で注いでいる毎日なので、そういう意味では愛の深さを理解できました」と、ラクシャと自身の共通点として、母親の強さをあげた。


 また、ディズニーからのオファーに「ジャングル・ブック! 実写化! 絶対やる!! なんかもうホップ! ステップ! ジャンプ! くらいな勢いで。」と快諾。「娘と映画館にディズニーの映画を観に行きますが、特に『ジャングル・ブック』は、私も小さなころから観ていた物語ですから! 好奇心と愛に満たされていれば、どんな世界でも生きていけると思いますし、結構ワイルドな生活も好きなので、ジャングルの中でも意外といけると思います(笑)」と、ディズニーと相思相愛で決まった本作への参加を、幸せそうに語った。


 実は、これまで明かされてこなかったが、4月中旬に公開され、「公開への期待が高まる!」「映像美がすごい!」と大好評の日本版予告編で、ナレーションを担当しているのも宮沢りえ。その優しく愛情あふれる声で『ジャングル・ブック』の世界観を表現していた宮沢りえが、母親オオカミ・ラクシャの、母親としての強さや愛情をどう表現するのか、是非チェックしてほしい。




◎宮沢りえ インタビュー要約


まず、「ジャングル・ブック」を実写化すると聞いて驚きました。実際に映像を見た時に、本当にみずみずしくて、ダイナミックで、とてもリアリティのあるCGでできたジャングルの中の映像や動物たちが、迫力があって美しくて驚きました。ジャングルという世界の掟だったり、愛情だったり、色々なストーリーが含まれていますが、今を生きる私たちに共通する場面がいっぱいあるなと感じました。
 
今作のテーマのひとつ「生きる力」ですが、わたしの生きていく上での原動力は好奇心と愛ですね。やはり生きてく中でこの二つが無くなったら、もう生きていく価値がないと思うので、好奇心と愛に満たされていれば、どんな世界でも生きていけると思います。結構ワイルドな生活は好きなので、(ジャングルの中でも)意外といけると思いますよ(笑)
主人公モーグリを演じる少年ニール・セディ君は、とても目が美しくて、彼の瞳に映っているジャングルたちもとても素晴らしかったです。そして、とても野性味があって生命力にあふれていて、そしてこう正義感・愛情を持っている姿に感動しました。


私が演じたラクシャは、自分の子供もいながら、人間の子供モーグリもわが子のように育てるというとても愛情深く、本当に正義感のある、包み込むような優しさがある母親オオカミです。強いものとか権力のあるものへの正義感、弱いものを守る正義感は、もしかしたら私と共通する所があるかもしれません。強いものに吼えるというか、そういう所は若干あるので共通しているかなとも思います。実際、私も1人の娘がおりますし、博愛的な愛情を日常の中で注いでいる毎日なので、そういう意味ではラクシャの愛の深さは理解できました。


実写吹替え版に初挑戦、それが人間ではなくオオカミの役ということですが、 「ジャングル・ブック! 実写化! 絶対やる!!」と、なんかもうホップ! ステップ! ジャンプ! くらいな勢いでためらいはなかったですね。娘と映画館にディズニーの映画を行く観に行きますが、本当に夢があってだけじゃなくて、大人が見てもハッとさせられるような人と人との関わりが描かれているので、特に『ジャングル・ブック』は、私も小さなころから見ていた物語ですから、早く映画館に行って、大画面でまた見させていただきたいです。


ラクシャの元を離れ、知らない世界で様々な出会いや経験を通じてモーグリは成長していきますが、動物とか人間とか関係なく、やはり挑戦・冒険・経験を重ねなければ、人は成長できないと思っています。楽しいという事から学ぶより、辛かったり、高い壁があるところからの方が成長や学習できると思っています。もちろん小さなモーグリをあの大きなジャングルに手放す事はとても勇気がいる事だけれど、結果的にすべて彼の為になるという心の葛藤を持ちながら、惜しみない愛情が生まれたらいいなと思いながら演じました。
声優の方々にはかなわないですが、声優さんにはない自分の特徴だったり、表現方法をフルに活用できればいいなと思ってはいます。でも、表情で言うとラクシャというのはオオカミなので、パッと見た時の表情はかなりワイルドですし、キリリとしているんですけど、その彼女がとても奥深くて愛情あふれる言葉を話す思いがあるから、そのギャップも私の中ではとても面白かったです。


美しくダイナミックな、そして生命力にあふれた映画になっています。私自身も吹替えを担当させていただいて、何度も鳥肌が立ちながら演じました。観に行った方はきっとエネルギーを一杯もらえる映画になっていると思います。


◎映画『ジャングル・ブック』
2016年8月11日(木・祝) 全国ロードショー
原題:The Jungle Book(全米公開:2016年4月15日)
監督:ジョン・ファヴロー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン 
(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..
<STORY>
ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。バギーラからは自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリの前にある日、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか? それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか?いまを生きるすべての人々に捧げる奇跡のエンターテイメント。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年6月8日 04:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる