海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > モリッシー、同じビーガンのプリンスを追悼しつつエリザベス...

モリッシー、同じビーガンのプリンスを追悼しつつエリザベス女王を口撃

 元ザ・スミスのモリッシーが、自分と同じくビーガン(動物性食品をいっさい摂らない完全菜食主義者)で動物保護活動家のプリンスの死を追悼し、同時にエリザベス女王とそのファミリーを口撃した。


 モリッシーは自身のブログ“True to You”にて、「プリンスは想像以上に世界に影響を与えており、彼の音楽の時代は今始まるところであり、彼が豊かな人生を送ったことは人間だけでなく動物たちからも感謝されることだろう。人間は、知ってのとおり世界の全てではない」と述べている。


 プリンスが亡くなった4月21日は、偶然にもエリザベス女王の90歳の誕生日だった。この偶然に注目せずにいられないモリッシーは、「プリンスの身体が消えた同じ日、ロンドンとイングランドは異国のままながら、ロンドンでは(バッキンガム宮殿の制圧的な指示に従って)ニュース・メディアがズル賢い女王陛下の90歳の誕生日を世界に知らせている。そして、我々は60年間も“仕えて”(国民のためではなく、自分のために)きた君主をイギリス全土が祝福しているのだと確信する。祝っている形跡はなく、実際、国民の無関心が密かに報じられているのだ」とブログは続く。


 また、「プリンスは手にした富と対極的に自らの人生を築き上げ、エリザベス2世よりも“王族”らしく、彼の死は彼女よりもずっと悼まれるだろう。世界の新聞がつまらない話で溢れかえろうとも、彼女は決して愛すべき存在になり得ないから」と説明すると、「プリンスは人々の愛する王族であり続けるものの、それに反し、エリザベス2世は国民の意思に関係なく押し付けられたのだ」と締めくくっている。


 なお、モリッシーのプリンスに対するリスペクトは、記事に添えたプリンスの写真に要約されている。写真には「すべての屠殺場が閉鎖する動物の権利の日が必要だ」とのキャプションが付けられている。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年4月26日 17:55:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • G.W SALE!全品オフ!
  • アウトレットSALE
  • ビーチアイテム
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる