海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 元マクラスキーのメンバーによるフューチャー・オブ・ザ・レ...

元マクラスキーのメンバーによるフューチャー・オブ・ザ・レフト、約3年ぶりの新作が完成

 フューチャー・オブ・ザ・レフトが、通算5枚目の新作『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』を2016年5月18日に日本リリースする。


 英ウェールズのカーディフをベースに活動するオルタナティヴ・ロック/ポスト・ハードコア・バンド=フューチャー・オブ・ザ・レフト。元マクラスキー(Mclusky)とジャークルー(Jarcrew)のメンバーたちによって2005年の中頃に結成され、現在のメンバーはAndy “Falco” Falkous(元マクラスキー)、Jack Egglestone(元マクラスキー)、Julia Ruziickaの3人となっている。


 2007年に<Too Pure>より『Curses』でアルバム・デビューし、2009年には<4AD>より2ndアルバム『Travels With Myself And Another』をリリース。今作はメディアで大絶賛され、The Fly、NME、Clash、Drowned In Sound他、多くのメディアが同年の年間ベストアルバムの1枚に選出した。


 2012年には3rdアルバム『The Plot Against Common Sense』を<Xtra Mile>よりリリース。今作もNMEで9/10、Drowned In Soundで4.5/5と高い評価を獲得した。2013年にはバンド自身のレーベル<Prescriptions>を立ち上げ、4枚目のアルバム『How To Stop Your Brain In An Accident』を発表した。


 『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』はバンドにとって5枚目のアルバムで、前作同様、<Prescriptions>からのリリース。PledgeMusicにてファンからの支援を募り制作された今作は、クィーン、ブラック・サバス、オアシスなどもレコーディングを行ったモノウ・ヴァレー・スタジオでアンソニー・チャップマンによって録音された。


◎『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』トラックリスト
1. If AT&T Drank Tea What Would BP Do?
2. In a Former Life
3. Running All Over the Wicket
4. Miner’s Gruel
5. Grass Parade
6. The Limits of Battleships
7. Back When I Was Brilliant
8. Eating For None
9. Reference Point Zero
10. White Privilege Blues
11. 50 Days Before the Hun
12. Proper Music
13. No Son Will Ease Their Solitude


◎リリース情報
『ザ・ピース・アンド・トゥルース・オブ・フューチャー・オブ・ザ・レフト』
フューチャー・オブ・ザ・レフト
2016/5/18 RELEASE
2,200円(plus tax)

Billboard JAPAN|Daily News 2016年4月18日 19:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • GUESSオープン!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる