海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > The Killers 来日公演をレポート!

The Killers 来日公演をレポート!

全英アルバム・チャート1位に輝いた2ndアルバム『サムズ・タウン』を引っさげてのザ・キラーズの来日ツアーが1/13(土)の東京を皮切りに、名古屋、大阪で行なわれた。13(土)、東京公演の会場となったZEPP TOKYOは超満員。古き良きオールド・アメリカン調な衣装に身を包みメンバーが登場し、2ndアルバムの「サムズ・タウン」でステージが幕開け。エンタールードをはさんで、「ウェン・ユー・ワー・ヤング」のイントロが! 第49回グラミー賞のベスト・ロック・ソング部門にもノミネートされているこの名曲に、歓声と両手を精一杯掲げ、一緒に歌いながら応える観客。ここまで2ndアルバム同様の流れできていたが、1stのキラー・チューン「サムバディ・トールド・ミー」の登場で、場内はダンス度もアップ。その後「ボーンズ」「ブリン」「リード・マイ・マインド」といった2ndの楽曲、「ジェニー・ワズ・ア・フレンド・オブ・マイン」「グラマラス・インディー・ロックン・ロール」、そして「ミスター・ブライトサイド」といった1stからの楽曲がバランスよく織り交ぜられ繰り出された。2ndアルバム発売時には、1stの80年代的サウンドからロック度を増した音楽性の変化に驚いたものだが、こうして一緒くたにライヴで体験すると、そうした驚きというのは全く表面的な印象だったんだな、とあらためて痛感。というのも、どの楽曲でも聴き手は有無を言わせず高揚させられてしまうからだ。享楽的な興奮ではなく、身体の奥底からポジティヴな“高揚感”をむくむくと湧き上がらせてしまうところが、ザ・キラーズ・サウンドの醍醐味。力強いブランドンのヴォーカルやバンドの高い演奏力は、ライヴならではのダイナミズムを生み出し、大いに観客を酔わせた。アンコールでは「マイ・リスト」「フォー・リーズンズ・アンノウン」「オール・ディーズ・シングル・ザット・ユーヴ・ダン」を披露し、エグジットルードで幕を閉じた。なおザ・キラーズは1/19からオーストラリアで開催されるフェス“Big Day Out”に出演する予定となっている。そのほか最新情報はレーベル・オフィシャル・サイトまで。

(VIBE-NET.COM - music news) 2007年1月18日 17:16:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 半額セール開催中!
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • GUESSオープン!
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる