海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ケンドリック・ラマー、サプライズ・アルバムが米“Billboard ...

ケンドリック・ラマー、サプライズ・アルバムが米“Billboard 200”で1位初登場

 ケンドリック・ラマーのサプライズ・アルバム『Untitled Unmastered』が、3月10日締めのウィークリー調査で17万8,000ユニット・セールス(その内14万2,000枚がアルバム実売/ニールセン・ミュージック調べ)を記録し、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”の首位に初登場した。


 事前告知無しで3月4日にリリースされた同アルバムは、ラマーにとって2度目かつ、前作『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』から1年弱での首位獲得となった作品だ。自身初のNo.1アルバムとなった『トゥ・ピンプ〜』は2015年3月16日にリリースされ、初週36万3,000ユニット・セールス(34万4,000枚がアルバム実売)で首位発進していた。ラマーはドレイクおよびフューチャーに続き、2015年1月以降12か月以内に2度の首位を獲得した3人目のアーティストとなった。


 ドレイクは、『イフ・ユーアー・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』と、フューチャーとのコラボ作『What a Time To Be Alive』で2015年に2度の首位を獲得。フューチャーはさらに上を行き、2015年8月から2016年2月の7か月間で『DS2』、『What a Time To Be Alive』、『Evol』で3度のNo.1を獲得している。


 ラマーはツイッターにて、『Untitled Unmastered』は「“トゥ・ピンプ・ア・バタフライ”からの生の状態のデモ」で構成されていることを綴っており、アルバム・タイトルと同様、収録曲も異例の「untitled 01 | 08.19.2014.」、「untitled 02 | 06.23.2014.」となっている。


 『Untitled Unmastered』は3月4日にTop Dawg/Aftermath/インタースコープ・レコードより、デジタル・サービスやストリーミング・サービス上でリリース。CDとしてはエクスプリシット版として11日にリリースされ、18日にはエディット・バージョンがリリースされる。


 なお、トップ10はこの他、依然としてアデルの『25』が2位に、3位は同じくリアーナの『アンチ』がキープしている。


 続く4位には、5万3,000ユニット(アルバム実売3万4,000)で2チェインズの『ColleGrove』がチャートイン。これにより自身3作連続のトップ5入りとなった。同作はラマーの新作と同様、現在はデジタルおよびストリーミング・サービス上のみの販売となっており、CDとしての市販は3月25日を予定している。


 続いて、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』が17週目で5万3,000ユニットを売り上げ5位。リリース以来、トップ5圏内をキープしている。


 6位はJoey + Roryの『Hymns』が先週10位から上昇。3月4日に同2人組のJoey Feekがガンで他界している。同アルバムは“Top Country Albums”チャートでも2位から首位に再浮上、“Top Christian Albums”チャートでは4週連続1位をマークしている。


 その他“Billboard 200”のトップ10圏内は、それぞれクリス・ステープルトンの『Traveller』が7位、トゥエンティ・ワン・パイロッツの『ブラーリーフェイス』が8位をキープ。そして、ザ・ウィークエンドの『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』が12位から9位へ浮上、トップ10の締めはKevin Gatesの『Islah』が13位からの上昇をみせた。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年3月14日 15:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる