HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 本作なくして、2016年のR&Bは語れない―完璧なアダルト・...

本作なくして、2016年のR&Bは語れない―完璧なアダルト・コンテンポラリー・トラックが並ぶ、ブライアン・マックナイトの最新作(Album Review)

 90年代以降、R&Bシーンの代表格として君臨する、ブライアン・マックナイトの新作『ベター』が3月2日にリリースされる。


 1992年アルバム『ブライアン・マックナイト』でデビューを果たし、1999年リリースの4rdアルバム『バック・アット・ワン』で初のTOP10入り(最高位7位)を果たすと当時に、タイトル曲がミリオンセラーとなり、後のシンガーたちにも受け継がれる名曲として殿堂入りした。卓越したセンスと硬軟自在に熟す滑らかなヴォーカルワークは、誰にも真似できない業といえるだろう。90年代以降のR&Bシーンを語る上では、欠かすことのできない存在だ。


 2000年以降も勢力的に活動し、これまで13作のアルバムをリリースし、5枚のTOP10ヒットを放っている。しかし、近年ではデジタルサウンドを無理に起用してみたり、「女性器を学ぶ」という内容の曲をアップしたりと、迷走が目立つような活動をしていたことで、お茶を濁されたファンもいるだろう。彼の歌声に魅了されたリスナーにとっても、もどかしい気持ちにさせられたものだ。それだけに、本作『ベター』の完成度にはため息、誰もが納得する仕上がりになっていると、太鼓判を押す。


 生音重視のバンド・スタイルをバックに、ギターが唸るロック・テイストな「アイ・キャント・テイク・イット」や、ブライアン節のロマンティック・メロウ「ベター」、お得意のスロウ・ジャム「ライク・アイ・ドゥ」、学生時代に結成していた、ジャズ・バンドの経緯もチラつかせる「ウー・オー・フィーリング」、レゲエ・テイストの「グッバイ」、ラテン調の「イナフ」まで、ジャンルの垣根を超えたバラエティな楽曲陣。冒頭の「ストラット」から、ラストの「エヴリシングス・ゴナ・ビー・オールライト」まで、隙のない音作りが完璧なアダルト・コンテンポラリー・トラックが並んでいる。


 自身曰く「バック・トゥ・ベーシック(原点回帰)」と断言しただけはあり、初期のアルバムを愛聴するファンにも、納得も納得の出来栄えだろう。特に暖かさが増す、これからのシーズンには、最適のサウンドだ。R&Bに親しみがなくとも、耳障りにならない。酒のお供に、ドライブのバックサウンドに、部屋でリラックスするのに…様々なシーンにおいて、大人の演出をしてくれるアルバムだろう。本作なくして、2016年のR&Bは語れない。


Text: 本家 一成


◎リリース情報
『ベター』
ブライアン・マックナイト
2016/3/2 RELEASE
2,700円(plus tax)

Billboard JAPAN|Daily News 2016年3月1日 19:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる