海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラによるラヴェ...

小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラによるラヴェル歌劇『こどもと魔法』グラミー賞受賞で再浮上

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsチャートは、朝比奈隆と大阪フィルハーモニー交響楽団による『ブルックナー交響曲第7番ホ長調』ライブ録音が首位を獲得した。ブルックナーの眠る聖地ザンクト・フローリアン修道院での伝説的ライブが、オリジナルマスターテープから初の完全収録で登場。伝説の一楽章後の拍手や、2楽章後に奇跡的に聞こえた教会の鐘の音までが反映された、臨場感溢れるものになっている。


 また3位には第58回グラミー賞クラシック部門「ベスト・オペラ・レコーディング」を受賞した、小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ演奏のアルバム『ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」』が2014年10月以来1年4か月振り3回目のチャートインとなった。小澤征爾のグラミー賞受賞は初となる。サイトウ・キネン・オーケストラとしては初ノミネートで初の受賞という快挙。2016年の8月から開催される【セイジ・オザワ松本フェスティバル】でも、本作の上演が予定されている。


text:yokano

Billboard JAPAN|Daily News 2016年2月24日 14:35:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • LINEスタンプ
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる