HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ザ・クロマニヨンズ “ザ・クロマニヨンズ 出現!! ツアー”東京...

ザ・クロマニヨンズ “ザ・クロマニヨンズ 出現!! ツアー”東京公演をレポート!

今年の夏フェスで衝撃のデビューを果たしたヒロト&マーシーコンビの次なる一手、ザ・クロマニヨンズの初となる全国ツアー“ザ・クロマニヨンズ 出現!! ツアー”東京公演が渋谷AXで12/21に行なわれた。会場は当然のように溢れんばかりの観客で文字通りすし詰め状態の超満員! そんな会場のいたる所からあがる「熱烈」という言葉がピッタリの歓声はこのバンドへの期待感、待望感などを象徴していた。ライヴが始まってもその歓声は止むどころか、ますますその熱を増していく。そんな観客にステージのバンドも演奏はもちろん、パフォーマンスでもしっかり応えていく。1stアルバム『ザ・クロマニヨンズ』収録曲「キラービー」「あさくらさんしょ」「歩くチブ」などが次々に披露される中、出色だったのが「くじらなわ」。“♪く〜じ〜ら/ひっぱって/ひっぱって”の歌詞でありメロディが印象的な曲だが、ここの歌詞を観客からのリクエストで替えるという何とも嬉しい計らい。会場全体から様々な声が飛ぶ中、ヒロトがチョイスした言葉は「おもち」「こたつ」「かじろ」(最前列の観客の名前?)。「いくぞ〜」の声とともに観客も準備万端で曲に突入していく。“♪お〜も〜ち〜/ひっぱって/ひっぱって”に続き、“♪こ〜た〜つ〜/ひっぱって/ひっぱって”そして“♪か〜じ〜ろ〜/ひっぱって/ひっぱって”の三段活用。大声をあげながら手を振り上げる観客の顔はもちろん笑顔で溢れていたが、ステージでそれを見て歌っているヒロトも笑顔だった。バンドと観客がダイレクトに繋がった瞬間とでも言えばいいのだろうか、とにかく感動的な瞬間だった。その後大ヒット・シングル「タリホー」で本編を締めくくられた。自然発生的に起こった「クロマニヨン!」「オー!」コールが何回繰り返されただろうか、メンバーがステージに再登場しアンコールがスタートした。「夢のロッケンロール・ドリーム」で抜群にかっこいいギターを聴かせ、そして待ってましたの「弾丸ロック」! アルバムの中でも飛び切りスカッとする名曲でこの日のライヴは幕を閉じた。観客に手を伸ばしステージを横断するヒロトとマーシーは本当になごり惜しそうにそのステージを後にした。

(VIBE-NET.COM - music news) 2006年12月28日 18:12:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [邦楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる