海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マムフォード&サンズのマーカスが全面プロデュースした、注...

マムフォード&サンズのマーカスが全面プロデュースした、注目のイギリス人SSWキング・チャールズとは?

 キング・チャールズが、約4年ぶりとなる新作『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』を2016年1月27日にリリースした。


 英ウェスト・ロンドン出身のシンガーソングライター、キング・チャールズ。2007年に、アドヴェンチャー・プレイグラウンドを結成。当時活発化していたUKのインディー・フォーク・シーンの中核だったマムフォード&サンズ、ローラ・マーリング、ノア・アンド・ザ・ホエールらとツアーを行い、知名度を上げるものの、バンドは解散。


 ソロ活動を開始したチャールズは、2009年に「International Songwriting Competition」で大賞を獲得。米ユニバーサル・ミュージックと契約し、2012年にデビュー・アルバム『Love Blood』を発表。アルバムは高い評価とともに全英トップ40ヒットを記録するも、内容は自身のルーツとは異なったものとなり、チャールズはレーベルを離れることを決断。


 2014年には、自身最大規模のツアーを行い、千秋楽のロンドン・フォーラムの公演を大成功で終わらせるものの、「5年前に作っていたような音楽を作りたいんだ」と親友であるマムフォード&サンズのマーカス・マムフォードに打ち明ける。そしてトレードマークだったドレッドヘアを切り、「何故、音楽をプレイし始めたのか」という自身の音楽に対するパッションのルーツを再び見つけ出すため、旧友と新たな道へと踏み出す。


 マーカスのプロデュースのもと、二人はデモ制作を始め、旧友ノア・アンド・ザ・ホエールのチャーリー・フィンクとトム・ホブデン、マムフォード&サンズのウィンストン・マーシャルらと、エクセターの近くの農場でアルバム制作を開始。こうして完成したのが、心機一転作となる『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』で、マルチ・インストゥルメンタリスト、そしてリリシストとしての才能が満ち溢れる、情熱にみちた誠実な作品に仕上がっている。


◎「Gamble For A Rose」MV
https://youtu.be/jzituemkSuk


◎『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』トラックリスト
01. Loose Change For The Boatman
02. Animal Desires
03. Choke
04. Gamble For A Rose
05. Lady Of The River
06. St Peter’s Gate
07. Tomorrow’s Fool
08. New Orleans
09. Carry Me Away
10. Bright Thing
11. In Silhouette
12. Coco Chitty


◎リリース情報
『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』
キング・チャールズ
2016/1/27 RELEASE
2,200円(plus tax)

Billboard JAPAN|Daily News 2016年1月28日 13:10:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE
  • GUESSオープン告知
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • LINEスタンプ
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる