HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > フランスの国民的歌手アニー・コルディ主演の『愛しき人生の...

フランスの国民的歌手アニー・コルディ主演の『愛しき人生のつくり方』が間もなく公開

 フランス映画『Les Souvenirs』が、『愛しき人生のつくりかた』の邦題で1月23日より公開される。 


 本作は、作家ダヴィッド・フェンキノスの同名小説の映画化で、ダヴィッド・フェンキノスが映画の脚本も手がけ、フランスでは半年以上のロングランヒットを遂げた。最愛の夫に先立たれたマドレーヌ、長男のミシェルと妻のナタリー、孫のロマン、パリで暮らす3世代の家族に起きた問題とそれぞれが抱える将来への不安が、時にコミカルに、時にリアルに描かれている。世代ごとに共感できる悩みやそれに対する人々の想いがあり、普遍的な家族愛とは、を気付かせてくれる本作は、観終わってもじんわりと心に温かい余韻が残る作品だ。


 おちゃめで心優しきマドレーヌ役を演じるのは、歌手のアニー・コルディ。86歳の彼女は、コンサートで活動するほか、女優としても『雨の訪問者』や『風にそよぐ草』等への出演経歴を持ち、本作でもエネルギッシュな存在感を放つ。頼りない息子役のミシェルは『仕立て屋の恋』などで知られるミシェル・ブランが務め、妻のナタリー役にはコメディエンヌとして活躍するシャンタル・ロビー、孫のロマンはオーディションで抜擢された新人のマチュー・スピノジが演じる。

 監督は、俳優として『エディット・ピアフから愛の賛歌〜』等にも出演し、劇中でもフィリップ役を演じるジャン=ポール・ルーヴ。主題歌は、1942年にシャルル・トレネが作詞、レオ・ショーリアックと共同作曲したスタンダードナンバーで、ナット・キング・コールやフランク・シナトラもカバーした楽曲『Que reste-r-il de nos amours?』で、同曲はフランソワ・トリュフォー監督作『夜霧の恋人たち』の主題歌でもあった。ルーヴ監督は本作でトリュフォー監督への敬意を表し、巨匠へのオマージュとして同曲を使用している。本作は1月23日よりBunkamuraル・シネマほかで全国順次ロードショー。

◎公開情報 『愛しき人生のつくり方』
2016年1月23日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ジャン=ポール・ルーヴ
原作・共同脚本:ダヴィッド・フェンキノス
出演:アニー・コルディ、ミシェル・ブラン、シャンタル・ロビー、マチュー・スピノジ、ジャン=ポール・ルーヴ
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2013 Nolita cinema ? TF1 Droits Audiovisuels ? UGC Images ? Les films du Monsieur ? Exodus ? Nolita invest

Billboard JAPAN|Daily News 2016年1月15日 13:32:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる