HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > the pillows まさに“完璧”な年内最後のワンマン・ライヴをレ...

the pillows まさに“完璧”な年内最後のワンマン・ライヴをレポート!

'06年は、初のZeppでのワンマン・ライヴや全公演ソールド・アウトとなったアメリカ・ツアー、さらにはMr.Childrenとの対バン・ツアーなど、活動の幅をどんどん広め、ますます強大な存在感を誇るようになってきたthe pillowsが、東名阪ツアー“LOSTMAN GO TO CITY TOUR”の最終公演を12/15(金)SHIBUYA AXにて行なった。今回は久し振りのノー・リリース・ツアーということで、彼らも序盤のMCで「今日はマニアックな曲をやるから」と宣言。言葉どおり、これまでのアルバム収録曲やシングルのカップリング曲などを次々と演奏し、曲間に挟み込まれる雄叫びに誰もが拳を突き上げ、開始約15分ほどでもうフロアは完全な灼熱地獄に。前半で早くも「今日は完璧じゃない?」との自画自賛も飛び出すほどの大盛り上がりを見せたところで、現在制作中だという新譜に収録されるであろう新曲を。「Lady Bird Girl」の凛とした世界観に聞き惚れ、「プロポーズ」のファンキーなリズムに踊り、後半で演奏された「スケアクロウ」の歌詞に涙をこぼし、まだ全貌が見えていないながらも、彼らがまたしても歴史に残る名作を生み出そうとしていることが容易に想像できる。また、ライヴでは殆ど演奏して来なかった「Scent of Sweet」は、意外と好評だったと手応えも感じていたらしく、ひょっとしたら今後も聴ける機会があるかもしれない。その後もテンポ良く「Ritalin 202」「Midnight Down」などと思わず飛び跳ねてしまうナンバーが続き、本編は「Sleepy Head」の熱狂とともに終了。東京公演のみ2日間ということもあり、メンバーも両日会場に足を運んだファンも全力投球で体力的にキツかったことだろうが、誰もそんなことなど意に介さず、アンコールではこれまでより一層モッシュピットの混み具合が酷くなってくる。「ストレンジカメレオン」など3曲も聞かせてくれたが、もっともっと楽しみたいというファンの気持ちに応えて、何と嬉しいダブル・アンコール! 「Little Busters」の大合唱&ハンド・クラップで年内最後のワンマンを締めくくり、まさに完璧としか言いようのないパフォーマンスに大満足の一夜だった。

(VIBE-NET.COM - music news) 2006年12月18日 18:37:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [邦楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる