海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 菅田将暉『ピンクとグレー』舞台挨拶でカメラ持参 まるで「父...

菅田将暉『ピンクとグレー』舞台挨拶でカメラ持参 まるで「父親の気分」

『ピンクとグレー』公開初日舞台挨拶が1月9日、TOHOシネマズ新宿で行われ、中島裕翔、菅田将暉ら出演キャストらが登壇した。

 芸能界の嘘とリアルを描いた、NEWS加藤シゲアキの小説家デビュー作『ピンクとグレー』。行定勲監督が実写化した本作が1月9日に公開初日を迎え、その舞台挨拶に中島裕翔、菅田将暉ら出演キャストと行定監督が登壇した。

 本作で映画初出演・初主演を果たした中島裕翔は、「この日を迎えられて嬉しい。行定監督や俳優陣の方々に、いい環境を作っていただいて、僕は幸せ者です」と心情を語った。中島演じる蓮吾の親友・大貴役を演じた菅田将暉は、「蓮吾に殴られる撮影で、勢い余って僕の鼻を殴られてしまった。でも、お互いが役に入り込んで、芝居を超えた演技が出来て、すごく気持ちよかった」と、中島の熱演を称賛した。

 劇中同様、プライベートでも仲がいいという中島と菅田。舞台上では、菅田が「(中島)裕翔の晴れ舞台に父親のような気分で。」と、持参したカメラで中島の写真を撮る場面が繰り広げられた。これに行定監督も、「この仲の良さが作品に表れている。3週間という短い撮影期間で、それを表せることはなかなかないし、その仲の良さがこの映画の大きな要因になっている」と、二人の仲の良さが作品によりリアルさを加えたと述べた。

 突如命を絶った大人気スター蓮吾と、蓮吾の死でスターの地位を得た親友、大貴。なぜ蓮吾は死を選んだのか? 62分後ピンクからグレーに変わる“ある仕掛け”に衝撃が走る本作は、本日1月9日より、公開スタート。

◎公開情報
『ピンクとグレー』
2016年1月9日(土)より全国公開
監督:行定勲
出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、宮崎美子、柳楽優弥ほか
配給:アスミック・エース

Billboard JAPAN|Daily News 2016年1月9日 20:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 4000円以上で送料無料
  • こども服全品SALE!
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる