HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > スクリレックス&ディプロのアルバムが1位に再浮上、8か月ぶりに

スクリレックス&ディプロのアルバムが1位に再浮上、8か月ぶりに

 スクリレックスとディプロの2人による『スクリレックス・アンド・ディプロ・プレゼント・ジャック U』が、1月16日付の米ビルボード“Top Dance/Electronic Albums”チャートで8か月ぶり(計3週目)に1位の座に返り咲いた。iTunesストアで2015年最優秀ダンスアルバムに選ばれたことと、クリスマス・プレゼントとして消費者に配られたギフトカードの使用が相まったものと思われる。


 ニールセン・ミュージックによると、同アルバムは12月31日締めの週間セールスで37%アップの5,000枚を売り上げる急上昇を見せており、初登場1位だったデビュー週(1万4,000枚)に続く、3月21日(7,000枚)以来となる好セールスをマーク。5月2日付けチャート以来のNo.1獲得となった。


 また、グラミー賞で同作が最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞に、元“Hot Dance/Electronic Songs”チャートNo.1曲であるジャスティン・ビーバーとの「ホウェア・アー・ユー・ナウ」が最優秀ダンス・レコーディング賞にと、2部門でノミネートされたことも好セールスに拍車をかけた。


 なお、“Hot Dance/Electronic Songs”チャートを見ると、ザ・チェインスモーカーズがRozesをフィーチャーした「Roses」で2週目のNo.1を獲得(56%アップの9万3,000ダウンロード)。同トラックは1月9日付けのチャートにて、23週にわたり首位に留まっていたメジャー・レイザー&DJスネークの「リーン・オン」からその王座を奪った。


 また、シーアとフェティ・ワップをフィーチャーしたデヴィッド・ゲッタの「バング・マイ・ヘッド」がトップ10入り(12位から10位へ浮上)。2013年に始まった同チャートへのトップ10入りはこれが7度目で、アヴィーチーとゼッドとならび最多トップ10入り第2位となった。ちなみに1位はカルヴィン・ハリスで8回だ。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年1月8日 16:05:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる