HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 2016年一発目の洋楽チャート1位はジャスティン・ビーバー、歴...

2016年一発目の洋楽チャート1位はジャスティン・ビーバー、歴代洋楽チャート首位最長更新間近か?

 ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が12週目となるBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”1位を記録した。


 クリスマス週は惜しくもマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」へ1位を受け渡したものの、再び1位に返り咲いたジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」。年末年始ということもあり、デジタル・セールスやツイート・ポイントは多少落ち込んでいるものの、ストリーミングやYouTube再生回数で上手くバランスをキープし、歴代洋楽チャート首位最長の13週を保持するテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」の記録更新へもあと一息というところだ。


 僅差で2位となったのは、TOP20圏外から大ジャンプアップを果たしたマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」。【グラミー賞】ノミネートにはじまり、アメリカに加え、本国イギリスの年間チャート1位などの話題がエアプレイやYouTube再生回数を後押し、再びTOP3圏内へ返り咲いた。続く3位のアデルの「ハロー」も大量のエアプレイ・ポイントを稼ぎ、TOP3圏内に浮上。アルバム『25』のセールスも好調で、ワールドワイド・セールスは1200万枚を突破、BillboardJAPAN“Hot Albums”チャートでも22位と健闘中で、ロング・セールス作となること違いなしだろう。


 先週はランクイン曲の半数がクリスマス・ナンバーだったこともあり、今週は6位にウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」、7位にカーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」、9位にメジャー・レイザー「リーン・オン feat.ムー & DJスネーク」、12位にはマルーン5「シュガー」と2015年にメガ・ヒットとなった楽曲が多数ランクアップを果たしている。今年はどんなヒットが生まれ、チャートを賑わしてくれるのか、今後のチャート・アクションにも注目だ。

Billboard JAPAN|Daily News 2016年1月6日 15:15:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる