海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > the morning after girls 招待者限定の完全フリー・ライヴ第2...

the morning after girls 招待者限定の完全フリー・ライヴ第2弾をレポート!

'05年に行なわれたイベント“BANDSTAND vol.3”で初来日を果したオーストラリア出身の5人組バンド、ザ・モーニング・アフター・ガールズが、'06年7月に開催し大好評だった招待者限定の完全無料ライヴの第2弾を12/3(日)東京・代官山UNITにて行なった。彼らはまだ国内盤をリリースしておらず、日本での知名度はまだ高いというわけではないが、会場には、オーストラリア発UKブレイクの話題のバンドを一足早く体験しようと耳の早いオーディエンスたちが大勢詰め掛けた。メンバー5人が、彼らのイメージ・カラーでもある黒い服に身を包みステージに登場すると、浮遊感たっぷりのギター・ノイズをかき鳴らした。ミステリアスでクールな雰囲気で会場を包みこみながらも、両刀遣いのタンバリンや時折響かせるブルース・ハープの音色で、一気にサイケデリックなガレージ・ロックンロールに生まれ変わる「Straight Thru You」ではオーディエンスも揺れるように盛り上がった。白と黒の単一色でまとめられたステージに、挿し色を加えるような赤のライトが映えると、視覚とともにより一層ざらついたノイズ音が脳内に絡み付いてくるよう。幻想的な世界観が漂うこのライヴ空間に誰もが酔いしれた瞬間だった。また、後半で披露された「hi-skies」では、囁くようなウィスパー・ヴォイスから、急激に荒げた叫び声とともにへヴィなグルーヴが渦巻く彼らのまた違う一面を垣間見ることができた。とにかく、このバンドのパフォーマンスは中毒性が高い。退廃的で、気だるい雰囲気を生み出しながらも、決して聴く者を突き離すことはしない彼らのサウンドは一度聴くと病みつきになりそうだ。早くも次の来日、そして日本でのCDリリースを期待させる最高のステージだった。

(VIBE-NET.COM - music news) 2006年12月4日 18:47:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • こども服全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる