海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Album Review: 父となったクリス・ブラウン、様々な面におい...

Album Review: 父となったクリス・ブラウン、様々な面においての成長が伺える『ロイヤルティ』

 前作『X』からおよそ1年ぶり、通算7作目のスタジオ・アルバムとなる『ロイヤルティ』を12月18日(日本盤23日)にリリースする、クリス・ブラウン。今年の春、“生後9か月の娘の存在が発覚”という衝撃的なニュースが飛び込み、世間を沸かせたが、その娘の名前が、本作のタイトル『ロイヤルティ』だというから、驚きだ。さらに、アルバム・アートワークには、その愛娘を愛おしく抱く、クリス・ブラウンの“父”としての顔が伺え、ゴシップを乗り越え、パパとして生きていく意思を固めたという意気込みが伺える。


 また、『ロイヤルティ』の発売日、12月18日までには3つのコンサートが決定していて、13日にシカゴ、16日はサンフランシスコ、リリース日となる18日には、ロサンゼルスで本作のプロモーションライブが行われるのだが、そのアルバムとチケット代から、1ドルを寄付するという、チャリティー活動を急遽発表。これまでの非行っぷりからは考えられない動きに、父親としての責任感のようなものすら感じるのだ。


 そうなると、アルバムの内容はこれまでのような攻撃的な作風ではなく、保守的なアルバムになるのでは…と思いきや、サウンド面では最新のトラックが起用されていて、未だ“最先端”であることをアプローチ。トラックメイカーには、ニッキー・ミナージュのヒット曲を放ったビニールや、マドンナの新作を手掛けた、ショーン・ダグラス等が参加していて、ゲストには、ソロ・ルッチやテイラー・パークスといった、今後活躍が期待される実力派がクレジットされている。


 前作『X』からヒットした「ロイヤル」以降、大きなヒットには恵まれていないものの、常にその動向や楽曲に注目が集まるということは、スターとして確立されている証。本作には、2曲のミュージック・ビデオが、一つの長編作品となり、ダブル・シングルとしてリリースされた、ポップテイストな先行シングル「ゼロ」、メロウチューン「リカー」など、往年のクリス・ブラウンらしいナンバーが揃っている。父親になったことで、かつての勢いが衰えてしまったということはないようなので、ご安心を。


 今年でデビュー10周年をむかえた、クリス・ブラウン。首位を獲得したデビュー曲「ラン・イット!」他、これまでに11曲ものTOP10ヒットを放ち、アルバムは、首位をマークした4th『F.A.M.E.』をはじめ、すべてがTOP10入りを果たしている。まさかあの頃、10年後には娘を抱いたアルバムを、リリースするとは本人も思っていなかっただろう。そのヤンチャだった当初から、どれだけ人間的にもアーティストとしても成長したか、それが本作『ロイヤルティ』ではうかがえる。


Text: 本家 一成

Billboard JAPAN|Daily News 2015年12月15日 17:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 全品SALE
  • OUTLETアイテムMAX70%
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる