HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 【全米年間アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『1989...

【全米年間アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『1989』が堂々の1位、2年連続の年間TOP3入り

 アルバムから5曲のTOP10ヒットを送り込んだ、テイラー・スウィフトの5thアルバム『1989』が、2015年の年間アルバム・チャート首位に輝いた。


 初動枚数120万枚を突破し、昨年(2014年)の年間アルバムチャート3位にランクインしたにもかかわらず、今年に入っても上位を独占し続け、2年連続の年間TOP3入りを果たした『1989』。アルバムからは、「シェイク・イット・オフ〜きにしてなんかいられないっ!!」、「ブランク・スペース」、「バッド・ブラッド」がNo.1に輝き、「スタイル」、「ワイルデスト・ドリームス」もTOP10入りを果たしている。昨年の10月最終週にリリースされた本作だが、昨年の集計分だけでも200万枚を突破し、今年は通算300万枚近くを売り上げ、2位と100万枚近く差をつけての首位獲得となった。アメリカだけで540万枚、ワールドセールスは860万枚を突破している。


 2位のエド・シーランと、3位のサム・スミスは、両者とも2014年リリースのアルバムだが、今年初頭に開催された、第57回グラミー賞のノミネートを受け、春から大ヒットを記録したアルバムだ。エド・シーランの『x(マルティプライ)』は、累計170万枚を突破し、本国UKでは240万枚、カナダでもミリオンを達成している。アルバムからは「シンキング・アウト・ラウド」が、年間チャートで同2位をマークする大ヒットを記録、その他3曲のTOP10ヒットを輩出している。


 3位のサム・スミス『イン・ザ・ロンリー・アワー』は、アメリカ、UKともに累計枚数200万枚を突破し、ワールド・セールスは、テイラーに匹敵する850万枚を記録した。トータル・セールスはサムの方が勝っているが、今年に入ってからの売上枚数で集計すると、エド・シーランが若干数上回っていたという結果になる。昨年の年間チャートで10位にランクインした「ステイ・ウィズ・ミー 〜そばにいてほしい」は、今年に入ってからもヒットを記録し、年間チャートでも58位に食い込んでいる。


 また、グラミー賞の効果を受けてヒットを記録したのは、首位のテイラー・スウィフトや、5位にランクインしている、メーガン・トレイナーのデビュー作『タイトル』もそうだろう。メーガンは、昨年大ヒットを記録したデビュー曲「オール・アバウト・ザット・ベース〜わたしのぽちゃティブ宣言!」に続く2ndシングル「リップス・アー・ムーヴィン」がスマッシュ・ヒットを記録し、年間チャートでは22位にランクインした。


 そのグラミー一派を一掃するかの如く、2月のチャートを荒らしたドレイクのミックステープ・アルバム『イフ・ユア・リーディング・ディス・イッツ・トゥ・レイト』は、見事4位にランクイン。本作は正式なスタジオ・アルバムではないため、大々的なプロモーションもなく、急遽ダウンロードが開始された話題作だったが、配信のみで初動枚数50万枚を突破し、ドレイクのネームバリューの強さを物語った。時代は以降し、大手レコード会社の手を借りずとも、ストリーミングやSNSなどを通じて、大ヒットできる時代ということを、照明したアルバムでもある。


 ラップ界からは、ドレイクのほかに7位にニッキー・ミナージュの『ザ・ピンクプリント』、8位にJ・コールの3rdアルバム『2014フォレスト・ヒルズ・ドライヴ』がランクインを果たし、TOP10以下ではケンドリック・ラマーの『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』が16位、ミーク・ミルの『ドリームス・ワース・モア・ザン・マネー』が20位にランクインするなど、今年を彩ったラップ・アルバムが揃っている。年間シングル・チャート3位をマークした、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」含む、『ワイルドスピード スカイミッション』のサントラ盤も、19位にランクインを果たし、シングル、アルバム共に、ラップ・タイトルが強かった1年だった結果を示した。


 6位にランクインした、マルーン5の『V』からは3曲のTOP10ヒットを生み出し、3rdシングル「シュガー」は年間シングルチャート5位にランクインを果たす大ヒットに至った。シングルチャートでのランクインは常連だが、アルバムチャートでの年間チャートTOP10入りは、意外にも初の快挙となる。


 このマルーン5の『V』含め、上位にランクインしているアーティストは、シングル曲のヒットにより、アルバムがヒットしたケースが多い。2015年度から、アルバムのチャート集計に、楽曲単体のダウンロード回数と、YouTubeなどの動画視聴回数のストリーミングポイントが加わり、そのアルバムに収録されている曲が10回ダウンロードされれば、アルバム1枚のセールスに、また、有料のオンデマンドによるアルバムの視聴回数が1500回に達すると、アルバム1枚のセールスとして換算されるようになった。


 首位のテイラー・スウィフトやマルーン5、エド・シーランなど、シングルヒットの多かったア―ティストにとっては、アルバム・チャートでも有利になった集計の編成といえる。13位のにランクインしている、ザ・ウィークエンドの『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』や、17位のアリアナ・グランデ『マイ・エブリシング』も、シングルヒットを多発したことが、アルバムの大ヒットに繋がったといえるだろう。


 2016年も、このストリーミング・ポイントや、シングル曲のヒットが、アルバム・チャートに大きく反映することは間違いなさそうだが、早速、2016年1週目のアルバム・チャートでは、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』が65万枚の初動枚数を記録し、No.1デビューを果たした。その内訳として、単曲のダウンロード、ストリーミング・ポイントが、およそ12万枚分も含まれているというから驚きだ。再生回数4億回を突破した、先行シングル「ハロー」含む、初動枚数が歴代記録を更新した、アデルの3rdアルバム『25』が、最終的に何万枚まで到達し、年間首位を獲得するのか、また、本作を超える大ヒット・アルバムが登場するのか、注目したい。


Text: 本家 一成

Billboard JAPAN|Daily News 2015年12月10日 08:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる