HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 鞘師里保 モーニング娘。最後の単独公演で見せた素顔 泣いて...

鞘師里保 モーニング娘。最後の単独公演で見せた素顔 泣いて笑って「わーい! すごい! ひとり占めだぁ〜!」

 2015年いっぱいでエースの鞘師里保が卒業するモーニング娘。'15。彼女の在籍時代最後となるワンマンライブ、全国ツアー【モーニング娘。'15 コンサートツアー秋 〜PRISM】の最終公演が12月8日 日本武道館にて開催された。


<満身創痍、気持ちの置き所の難しい公演。それでも……>


 10月29日夜、17歳でモーニング娘。からの卒業を決断した鞘師里保のニュースは世界中のファンに衝撃を与えた。これからのモーニング娘。を引っ張っていくと誰もが信じて疑わなかった、誰もが想像しなかった存在の卒業。その真意は後日卒業インタビューでお届けできればと思っているが、幼い頃からモーニング娘。が好きで好きで仕方がなかった鞘師のこの決断は、相当の苦悩や葛藤の末に至ったものであることは簡単に想像がつくし、この日本武道館に集まっていた超満員のファンは、彼女のその意思を尊重するかのように全力でコンサートを楽しんでいた。


 それはメンバーも同じこと。このツアー千秋楽に至るまで彼女たちは連日ノンストップでライブや仕事を全力で行い、どう考えても満身創痍であることは明らかだったし、野中美希に関しては手にケガを負った状態での参加。しかも同公演は鞘師里保がいるモーニング娘。にとって最後の単独公演でありながら、彼女の卒業公演とは銘打たれていないという、気持ちの置き所が実に難しいコンサートだった。それらの影響は全くないパフォーマンスだったとは記せないが、それでも13人はいつもと変わらぬ全身全霊、一瞬のミスも許されないフォーメーションダンスも高い緊張感の中で繰り広げていく。


<追うべき背中してそこに立ち続けた存在への敬意>


 「秋ツアーも最終日に来てしまいました。9月から始まったこのツアーですけど、もうここ、ここまで積み重ね……て……きたたたたた」(鞘師)「鞘師さん(笑)!」(後輩たち)「いつも通り、いつも通り」(譜久村聖)「ここまで積み重ねてきたものを爆発させたいと思いますので! 皆さん、一緒に盛り上がってくださいねぇー!」(鞘師)と微笑ましくも気合い十分の挨拶のあとは、12月29日リリースの鞘師里保卒業シングルより「冷たい風と片思い」を披露。タイトルの印象どおり切ないミディアムバラードなのだが、「冷たい風が頬 そっと触った時 急に寂しくなった 胸が苦しくなった」等のフレーズは、理由は書くまでもないと思うが、この日は鋭く胸に刺さった。


 しかし13人は寂しさに負けることなく「愛の軍団」「Only you」「Ambitious!野心的でいいじゃん」など攻撃的なナンバーを次々と歌い、舞い踊る。特に各メンバーが鞘師と2人並んでパフォーマンスする瞬間は見もので、もう二度とないかもしれないその一瞬に全てを懸けるように共に歌い、共に踊り、共に笑う姿は我々をどこまでも高揚させていく。これまで幾度となく鞘師とのダンスバトルを繰り広げてきた石田亜佑美に関しては、共にダンスでモーニング娘。に変革をもたらしてきた者としての矜持、鞘師の対となる存在としてのエモーションを動きでも表情でも爆発的に感じさせてくれた。加入当時から追うべき背中としてそこに立ち続けた存在への敬意。それは石田に限らず、すべてのメンバーから溢れ出ていた。


<あどけない少女が必死に成長してくれたからこそ今日の娘。はある>


 ライブ中盤では、譜久村ソロの「AS FOR ONE DAY」〜真っ赤なドレスを纏った鞘師ソロの「大阪 恋の歌」。鞘師含む9期メンバー4人揃い踏みでの「アイサレタイノニ…」、そして10期11期12期メンバー全員による、鞘師への贈る歌として響いた「友(とも)」(この曲では佐藤優樹が涙を拭う場面も)と、13人の今日までの物語や、そこで培われた絆を感じさせる流れが組み込まれていた。そして終盤では、石田のトレーナーの膝の上からのハイジャンプのバク転や、生田衣梨奈の予定より多かったというバク転4回転などのアクロバット、そんな生田へ工藤遥からのご褒美(?)キッス(Wイケメン夢の情事)、圧倒的な一体感の中で響き渡った「愛されたい! 愛されたい!」(「わがまま 気のまま 愛のジョーク」)等、武道館の熱量はひたすら上昇していく。


 「それでは、最後に! モーニング娘。に加入して私を一番成長させてくれた曲を歌います!」鞘師が突然そう言い放ち、13人が本編最後に披露した曲は「One・Two・Three」。モーニング娘。がその音楽性やパフォーマンスに大変革をもたらしたナンバーである。分かりやすく言えば、フォーメーションダンスを銘打った最初の1曲だが、鞘師はこの曲で得意なダンスだけでなく不得意としていたボーカル面の成長も義務付けられた。そして後半の迫力あるフェイクを1人で担うことになった訳だが、まだあどけない少女が「One・Two・Three」で必死に成長してくれたからこそ今日のモーニング娘。はあったのだと、眼前で12人の仲間と鮮やかなフォーメーションダンスを繰り広げながら、雄叫びのようなフェイクを武道館で響かせる鞘師の姿に実感。ここで堪えていた涙を溢れさせたファンは多かったことだろう。


<12歳から必死に頑張ってきた女の子が生んでみせた光景、世界>


 超満員のファンによって一瞬にして赤い光で埋め尽くされる日本武道館。卒業セレモニーはないと知りながらも、そんなことは関係なく、各々の鞘師里保に対するメッセージを、想いを届けていく者たちの様子がスクリーンにいつまでも映し出されていた。「鞘師! 鞘師!」凄まじいボリュームで日の丸のもとに降り注ぐ鞘師コール。ライブビューイングが実施されていた日本中、アジア中の映画館でも「鞘師! 鞘師!」の声は鳴り響いていたことだろう。わずか12歳からモーニング娘。のど真ん中で必死に頑張ってきた女の子が生んでみせた光景、現象、世界。彼女は謙遜するかもしれないが、鞘師里保もまたモーニング娘。の歴史を激しく彩り、この日「鞘師! 鞘師!」と世界中で叫んでいたすべての人たちの世界や人生を変えたスター。……うん、やっぱり「いやいやいや! 私なんて全然です!」と慌てふためく17歳の顔が浮かぶけど、誇りと感じてほしい。そう思える光景が眼前には広がっていた。


<鞘師への抑え切れない想いを爆発「やっさんの……うそつきぃ!」>


 ステージに再登場すると、話題の全英語詞ナンバー「One and Only」をお届け。モーニング娘。の更なるグローバル化に向けた重要曲を爽快にシンガソングした後は、メンバー1人ずつからのご挨拶のコーナーへ。卒業セレモニーのない同公演であったが、ここで彼女たちは鞘師への抑え切れない想いを爆発させてしまう。


 羽賀朱音(12期)「鞘師さん! 私がいつもダンスが分からないときとか優しく教えてくださったり、たくさん話しかけて下さったり、とても優しい鞘師さんが大好きです! 1年とちょっとしか一緒に活動することは出来なかったんですけど、たくさん思い出ができたし、たくさん学ぶことができました。あと残りわずかですが、もっともっとお話したいです!」


 牧野真莉愛(12期)「鞘師さんへ……このツアーで鞘師さんと2人で歌ったパートがあったんですけど……(泣き出してしまう)、いつもステージに立つ前に一緒に歌って合わせてくださってありがとうございます! すごく嬉しかったです。鞘師さんとは絶対に一緒にロスに行く約束をしているので、鞘師さんと絶対に一緒にロスに行きたいです。鞘師さん、大大大好きです」


 野中美希(12期)「ここ武道館で鞘師さんと一緒にパフォーマンスが出来たこと、本当に幸せに思っています。私は鞘師さんの格好良いパフォーマンスとか、表情とか、たまに面白いネタをみんなに披露されるところとか(笑)、周りのことをいつもよく考えて下さってるところが全部大好きなんですけど、特に大好きなところがあって、それは鞘師さんのすごくストイックなところなんですよ。なので、私も鞘師さんのストイックさを受け継いでいけるように頑張りたいなと思います。残り僅かな時間なんですけど、大好きな鞘師さんのことを目にたくさん焼き付けたいと思います!」


 尾形春水(12期)「私は鞘師さんに憧れてモーニング娘。のオーディションを受けたので、鞘師さんがいなかったら今ここに立ってなかったと思います……(泣き出してしまう)でも私にとって鞘師さんはずっと憧れで、目標で、大好きな先輩です! 残り少ない2015年、そして(卒業した)来年からもよろしくお願いします!」


 小田さくら(11期)「モーニング娘。として鞘師さんと過ごした3年間を私は心から誇りに思います! この13人での活動は年内で終わってしまうんですけれども、来年からも鞘師さんに見ててもらえたら嬉しいなって思います。今日は本当に楽しかったです!」


 工藤遥(10期)「私は鞘師さんのオンとオフのメリハリがすごく好きで、オンのときはすごく格好良くステージで歌って踊ってる部分が魅力的なんですけど、オフの部分は今回のツアーでも話題になった遅刻だったり、忘れ物があったりとかね、そういうおっちょこちょいな部分がすごく可愛くて「良いなぁ」って思ってるんですよ。何よりも私が思い出に残ってるのは、リハーサルのときに鞘師さんに靴下を貸したんですけど、全く違うデザインで返ってきたときはさすがにビックリしました。でもそんな鞘師さんも私は大好きです!」


 佐藤優樹(10期)「優樹はやっさん(鞘師)にひとつ申したい事があります。やっさんの……うそつきぃ! まだまだメンバーとずーっと一緒に居るってまさ(優樹)に言ってきたのに……(目に涙をためる)やっさんのうそつき! どうすんですか? 今後のモーニング。どうするんですか? 9期さんが4人で、10期も4人で、12期も4人で、11期の小田ちゃんイジりが出来なくなるじゃないですか! どうするんですか!? まぁそんなのどうでもいいんですけど……やっさんが後悔するぐらいモーニング娘。'16、17、18? すごく成長していきたいと思いますので、今後も見張ってて下さい! そして最後に……今まで「キライ、キライ」言ってごめんなさい。本当はやっさんのこと、とっても……大好きです!」


 石田亜佑美(10期)「私がモーニング娘。に入って8回コンサートツアーを経験させて頂いているんですけど、その全部のツアーで鞘師さんとのダンスバトルが絶対あったんですよ……来年からねぇ、ダンスバトルが出来なくなっちゃうなと思って。……ほら、寂しくなっちゃうから! ……今までずーっと一緒に踊ってきた鞘師さんが卒業されてしまうのは寂しいなぁ〜って思うんですけど、まだね、まだ(泣くのは)早いんですよ。まだ12月31日まで鞘師さんとはダンスで熱くぶつかり合えたらいいなと思ってます、鞘師さん、これからもよろしくお願いします!」


 飯窪春菜(10期)「今回のツアーは、鞘師さんの卒業発表があって、心境的にもいろいろ変化のある秋ツアーでした。私にとって鞘師さんは、あまり語らないというか、背中で語る先輩だったんですね。で、お仕事への姿勢とかでいろいろ教えて下さったり……(目に涙をためる)、何よりこの1年間はヤンタンレギュラーとして一緒に2人でやってきて……たくさんお喋りできてとても嬉しかったし、2人っきりの時間がたくさんあってすごく光栄でした。あと3週間と残り数回のヤンタン、2人っきりの大切な時間を過ごして良い思い出を作りたいなと思います!」


 鈴木香音(9期)「私たち9期メンバーはこのツアーで加入してから10ツアー目なんですよ。その10ツアーのうちどこを思い返しても、絶対私の目標に里保ちゃんがいたんですね。里保ちゃんのダンスを見て「私ももっと格好良く踊りたい」って思ったし、里保ちゃんの顔を見て「もっとこんな風に格好良く表現できたらな」って、いつのときも里保ちゃんが目標にいました。でも今日でこのツアーが終わってしまうので、もう里保ちゃんのことを目標にすることが出来ません。なので、これからは、私が後輩に目標とされる、そんな先輩になりたいなって思います。そんな大切なことを教えてくれてありがとう! フフフフ……(鞘師に向かって)素直になりなさいよ(笑)。 同期にこんなに頼もしいメンバーがいて、本当に私は幸せです!」


 生田衣梨奈(9期)「9期メンバーは5年いるわけなんですけど、このあいだ、初めてね、4人で大江戸温泉に行って。香音ちゃんは初っ端遅刻するし、里保は温泉の施設内で爆睡するし、しかも起きないし(笑)! 聖は浴衣の帯の結び方が分からないし。ひとりひとり良いところも悪いところもありますけど、それがね、合わさったときに9期メンバーって成り立つんじゃないかなっていう風に思いました。そして生田衣梨奈も同期が卒業するなんて考えてなかったんですけれども……一生懸命、センター目指して頑張りたいなっていう風に思います!」


 譜久村聖(9期)「正直、里保ちゃんとはもっと一緒に歌いたい曲もあるし、もっと一緒に叶えたい夢がいっぱいあります! だから今日のコンサートも「もっともっと時間が遅く進めばいいのになぁ」って思いながら歌っていました。でもこれからはね、違う道に進むけど、一緒に頑張っていこうね。……モーニング娘。'16として12人で2016年からは活動していきますが、これからも私たちも、里保ちゃんも、一緒に頑張っていきますので、皆さん、見守っていてください!」


<今日のこのステージは“未来の自分に繋がる”>


 そんな12人からの愛あるメッセージを受け、最後に鞘師が語り出す。「ありがとうございます! そしてメンバーのみんなもメッセージありがとう! 私は毎回この武道館のステージに立つときに、こ〜〜〜んなに広い会場なのにメンバーと心をギュッとひとつにしてパフォーマンスできる時間が本当に楽しかったし、凄いことだなって思ってたし、そんな私たちとファンの皆さんがギュッと心をひとつにして、一体感のあるコンサートを創ることができて本当に、本当に楽しかったなって思いました。そして今日は私たちのステージがギリギリ見えるところまでたくさんのファンの方が来て下さっていて、そしてライブビューイングで日本全国の皆さん、韓国、香港、台湾の皆さんが観て下さって……元気ですかぁ〜? 本当にたくさんの方に見守って頂いて、今ここに立つことが出来ています。


 私は今回“卒業”っていう自分の人生の中で大きな決断をさせて頂いたんですけど、今日のこのステージは“未来の自分に繋がる”とても良いステージになったんじゃないかなって思っています。来年からは英語やダンスに限らず、もっといろんな人生経験をして成長していきたいなって思っているんですけど、また次帰ってきたときは、何か形にして皆さんにお届けできれば嬉しいなっていう風に思っています。今まで5年間、何度も何度もこの武道館のステージに立つことが出来て、本当に「人生の宝だな」って思います。皆さん、本当にありがとうございます! 私のモーニング娘。としての人生はあと3週間なんですけれども、まだまだたくさん作りたい思い出があります! 皆さん、最後まで、私のことよろしくお願いします! 今日は皆さん本当にありがとうございました! 鞘師里保でしたぁ〜!!」


<「泣くわけないでしょ泣くはずがない 自分で選んだ未来だから」>


 そして曲はこの13人のモーニング娘。におけるラストシングルの中から「ENDLESS SKY」。旅立ちの歌へ。これまで涙を見せなかった鞘師だが、12人の仲間たちの力強くも温かい歌声に背中を押されながら、「泣くわけないでしょ泣くはずがない 自分で選んだ未来だから」と今の心情に重なり過ぎるフレーズを歌うと、もうどうしていいか分からないほど顔をクシャクシャにして泣き出してしまう。「けど 悔しいな 涙 止まらない 思い出に包まれ」 でも、それでも歌うことをやめない。踊ることをやめない鞘師。13人のモーニング娘。。終わりのない空へ、物語へと突き進んでいくべく前だけを向き続けていく。そんな涙を堪えられない場面のあとは「ここにいるぜぇ!」! 最後は痛快にはしゃぎ回りながら「僕らはまだ夢の途中 みんなみんなそうなんだ」「夢の翼を広げ 自分をブチ破れ!」と歌い放ってみせる。


<「わーい! わーい! すごい! ひとり占めだぁ〜!」>


 こうして終演したと思われた同公演だが、鳴り止まない「鞘師!」コールに誘われるように、なんと鞘師がひょこっと一人で現れる。「皆さん、鞘師コール、ありがとうございまーす!! 凄いですね、武道館でこんな風に、こんな光景が見れるなんて思ってなかったぁ! 本当に綺麗です、ありがとうございます」と、赤い光に包まれた会場に歓喜。「「ここにいるぜぇ!」のときにメンバーが寄ってきて、私の周りをまわってたりとか、9期に前に出されたりとかしたんですけど、私、何にも知らなくて! メンバーが私がいない間に考えてくれてたのかな? 昨日と全然違う振り付けになっててビックリしました(笑)。でもめちゃくちゃ嬉しかったです」とメンバーからの粋な計らいにも大喜び。


 そして「ちょっと移動してもいいですか?」と、ステージを右へ左へ前へと「わーい! わーい!」と子供のように無邪気に走り回る鞘師。子供のように……と書いてしまったが、そう言えば彼女はまだ17歳。実際はまだまだ子供の年齢だった。会場中が思わず吹き出してしまうほど「わーい! わーい! すごい! ひとり占めだぁ〜!」とはしゃぎ続ける鞘師。もう好きなだけはしゃいだらいい。そんな風に元気な少女の姿を微笑ましく見ていると、「モーニング娘。'15としてのラストステージを目に焼き付けて頂けて、本当に嬉しく思います。今日のライブどうでしたかぁ〜!?」 もちろん大喝采が巻き起こる。


 「最高ですね。今日で私がモーニング娘。の単独ツアーに参加するのは本当に終わりになってしまうんですけど、でもあと3週間残っています。あと3週間って何日だ? 21日? あ、もう8日だから20日か。あ、31日まであるから21日か! よかった1日増えて!(正解はあと23日)そのあいだにいろんな形で皆さんとまだまだ思い出を作っていきたいと思います。だけど今日は大切な日だと思うので、その日に皆さんと熱いライブを過ごす事ができて本当に楽しかったです! 本日は、本当にどうもありがとうございました! 鞘師里保でしたぁぁぁぁ! ありがとうございましたぁぁぁ!」


 そして「ひゃっっほーい!」「ひゃっっほーい!」「ひゃっっほーい!」とコール&レスポンス3連発! ステージを「おやすみなさーい」と後にしようとするのだが、なかなか帰らない鞘師。セットの裏から小動物のように何度も何度も顔を出しては、嬉しそうに笑っていた。「すみません、はけます(笑)。ありがとうございましたー」


 鞘師里保、モーニング娘。卒業まであと22日。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada


◎ライブ【モーニング娘。'15 コンサートツアー秋 〜PRISM】
12月08日(火)日本武道館 セットリスト:
01.Oh my wish!
02.君の代わりは居やしない
03.What is LOVE?
04.スカッとMy Heart
05.The 摩天楼ショー
06.冷たい風と片思い
07.愛の軍団
08.Only you
09.What's Up? 愛はどうなのよ〜
10.もっと愛してほしいの
11.Ambitious!野心的でいいじゃん
12.AS FOR ONE DAY(譜久村聖)
13.大阪 恋の歌(鞘師里保)
14.アイサレタイノニ…(譜久村聖/生田衣梨奈/鞘師里保/鈴木香音)
15.友(とも)(飯窪春菜/石田亜佑美/佐藤優樹/工藤遥/小田さくら/尾形春水/野中美希/牧野真莉愛/羽賀朱音)
16.ウルフボーイ
17.TIKI BUN
18.Moonlight night〜月夜の晩だよ〜
19.ドッカ〜ン カプリッチオ
20.SONGS
21.Password is 0
22.わがまま 気のまま 愛のジョーク
23.まじですかスカ!
24.One・Two・Three(updated)
En1.One and Only
En2.ENDLESS SKY
En3.ここにいるぜぇ!

Billboard JAPAN|Daily News 2015年12月9日 17:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる