HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 映画『アーロと少年』ワールドプレミア開催、ジョン・ラセタ...

映画『アーロと少年』ワールドプレミア開催、ジョン・ラセターの“初とも”は宮崎駿

 ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』のワールド・プレミアが日本時間11月18日にLAで行われ、製作総指揮を務めたジョン・ラセターや、長編アニメーション初監督のピーター・ソーンらが登場した。


 本作は、「もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅していなかったら」というテーマで描かれたアドベンチャー・ファンタジー。弱虫な恐竜アーロが大好きな家族の元に戻るため早大な冒険へと旅立つ。


 LAのエル・キャピタン劇場には、劇中の大自然をイメージし、レッドカーペットならぬ“リバーカーペット”が出現。『アーロと少年』柄のアロハに身を包んだジョン・ラセターは恐竜アーロと少年スポットが初めての友達となることにちなんで初めての日本人の友達について問われると「僕の“初とも”は宮崎駿なんだ。彼のことが大好きだよ」と明かした。さらに「『アーロと少年』は愉快でとても感動する映画だよ。ぜひ日本の皆さんも楽しみにしていてください」と日本のファンにメッセージを贈った。そして、長編アニメーション初監督を務めたピーター・ソーンは「本作のテーマは“恐れを乗り越える”ことだよ。その困難をどう乗り越えるのか。ぜひ楽しみにしていてほしい」と初監督
作品への自信を覗かせた。


 そんなジョン・ラセターだが、毎回アロハシャツを着てプレミアに登場するのは有名な話だが、今回注目したいのは<アロハから見る作品へのこだわり>だ。新作が完成するたび、その作品のアロハシャツを特別に作るほどアロハにこだわるラセターだが、それは作品作りへのこだわりにも通じるものがある。本作で初めて長編監督を務めたピーター・ソーンは、ラセターからこんなアドバイスをもらったそうで「ジョンはいつも“ストーリー、ストーリー、ストーリー”、“クオリティ、クオリティ、クオリティ”を要求するんだ。彼はまずこの二つを大事にしていたよ。でもそれだけじゃなくて、何か違うことをやってみるというアイディアもとても勉強になった。彼の発想はDNAに染みついているんだね」と語り、作品を作る上で人とは違うことを求める姿勢を間近で学んだと語る。そういった誰にも真似できないことを追求する姿勢は“アロハシャツ”へのこだわりにも表れており、私たちを毎回楽しませてくれる“アロハシャツ”にはそんな深いメッセージも込められているのかもしれない。本作は2016年3月12日全国公開。


◎公開情報『アーロと少年』
2016年3月12日(土)、全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Billboard JAPAN|Daily News 2015年11月18日 22:10:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる