HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 広末涼子『はなちゃんのみそ汁』日本人女優として初の快挙 キ...

広末涼子『はなちゃんのみそ汁』日本人女優として初の快挙 キャリア功労賞受賞

 日本中が涙したベストセラー実話エッセイを映画化。広末涼子×滝藤賢一×赤松えみな×一青窈の幸せなアンサンブルから成る映画『はなちゃんのみそ汁』が【第35回ハワイ国際映画祭】長編部門出品作品に選ばれ、広末涼子がキャリア功労賞を受賞した。


 がんでこの世を去った千恵、33歳。5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログを基にしたエッセイ『はなちゃんのみそ汁』は、2012年に発売されるやいなや、常にひたむきな明るさで生きる安武一家の姿が日本中で大きな話題を呼び、関連書籍やテレビドラマ化、教科書への採用など社会現象を巻き起こし、このたびついに映画化。12月19日よりテアトル新宿&福岡県内先行公開、2016年1月9日より全国拡大公開する。


 結婚、妊娠、出産と人生の転機をがんと闘い、食を大切に生きてきた千恵を演じるのは、広末涼子。明るくひたむきに支える夫 信吾を滝藤賢一。はなは、1000人超の応募者から選ばれた演技経験ゼロの新星 赤松えみなが演じる。また、2013年キネマ旬報ベストテン日本映画第1位に輝いた『ペコロスの母に会いに行く』の脚本をつとめた阿久根知昭が、本作で長篇作品監督デビュー。脚本と共に担当した。


 現在、ハワイ・ホノルルで開催されている【第35回ハワイ国際映画祭】(11月12日〜11月22日)にて、11月15日(※現地11月14日)にワールドプレミアが実施され、主演の広末涼子も現地を訪れた。会場前に長蛇の列ができるほどの大盛況で、場内は満席。上映中は温かい家族の物語に涙する人が続出し、上映後は割れんばかりの拍手が鳴り響いた。


 実は、ハワイ語の「オハナ」には「家族」という意味があり、“はなちゃん”というフレーズの響きと、家族を描いたストーリーが結びつき、そしてみそ汁という日本のソウルフードが“家族をつなぐ温かいのみもの”として、ハワイの人々の心に届いたといえる。観客の様子を観ていた広末も「観客の皆様が沢山笑っていてくださり、安心しました。この作品を通して、千恵さんに感謝したいです。そして、安武信吾さん、はなちゃんに出会えたことが何よりの幸せです」と笑顔を浮かべていた。


 そして、このたび、主演の広末涼子がキャリア功労賞を受賞。同賞は、これまでのキャリアを総括して評価された俳優に贈られるもので、過去の受賞者には、日本人では渡辺謙や役所広司、海外ではサミュル・L・ジャクソンなど錚々たるメンバーが並んでおり、広末は日本人女優としては初の受賞となり、10代の頃から第一線で活躍してきたキャリアに対して、高い評価が与えられた結果となった。また、今回35回目を迎える映画祭の中でも極めて重要な位置づけの賞であり、広末への注目度の高さの表れともいえる。


 11月16日(※現地11月15日19時頃)に行われた授賞式で、広末は冒頭英語で「この場にこうして立てることを嬉しく思っています。とても興奮していて幸せな気持ちです。有難うございます!」と喜びの挨拶をし、「この度『はなちゃんのみそ汁』でこの場に足を運ばせていただき、本当に光栄で嬉しく思います。それと同時に、『はなちゃんのみそ汁』も世界に羽ばたくことを夢見て、沢山の方に愛される映画となるといいなと思います!」と、改めて作品への想いも語った。


◎広末涼子コメント
この場にこうして立てることを嬉しく思っています。とても興奮していて幸せな気持ちです。有難うございます!(ここまで英語)
この映画祭は、私は初めて出席させていただきますが、とても思い出深いものがあります。皆様ご存知の方もいるかと思いますが、『おくりびと』は、ハワイ国際映画祭ではじめて評価(賞)をいただいて、世界に羽ばたきました。アカデミー賞でノミネートされただけではなく、オスカー像を手にさせていただいて、本当に自分にとってはこの映画祭は思い出深く、すごく幸運なイメージのある場所です。この度『はなちゃんのみそ汁』でこの場に足を運ばせていただき、本当に光栄で嬉しく思います。それと同時に、『はなちゃんのみそ汁』も世界に羽ばたくことを夢見て、沢山の方に愛される映画となるといいなと思います。本当に今日はありがとうございました。


◎映画『はなちゃんのみそ汁』
出演:広末涼子、滝藤賢一、一青窈、紺野まひる、原田貴和子、春風ひとみ、遼河はるひ、赤松えみな(子役)、平泉 成、木村理恵、北見敏之、高畑淳子、鶴見辰吾、赤井英和、古谷一行
原作:安武信吾・千恵・はな「はなちゃんのみそ汁」(文藝春秋刊)
監督・脚本:阿久根知昭(『ペコロスの母に会いにいく』脚本)
主題歌:一青窈「満点星」(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
配給:東京テアトル<東京テアトル70周年記念作品> 
2015年/日本/デジタル/118分/ヴィスタ/カラー/5.1ch
(C)2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ
文部科学省選定(成人向き・家庭向き) 年少者映画審議会推薦
12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡県内先行公開、
2016年1月9日(土)より全国拡大公開

Billboard JAPAN|Daily News 2015年11月17日 17:09:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる