HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > V.A. 豪華アーティストが勢ぞろいしたイベント“Pop Carnival ...

V.A. 豪華アーティストが勢ぞろいしたイベント“Pop Carnival vol.1”をレポート!

10/26(木)東京・ZEPP TOKYOにて、今話題のアーティスト4組、ジェイムス・モリソン、スーザン・ケーグル、ジェシー・マッカートニー、D-SIDEが一同に会したライヴ・イベント“Pop Carnival vol.1”が行なわれた。トップバッターは、10/4にデビュー・アルバムをリリースしたジェイムス・モリソン。観客の大半は女性が占め、超満員の会場から歓喜の声がこだまする中、ジェイムスが登場。キーボード奏者を引き連れ、アコースティック・ギターの2人編成でまずは大ヒット曲「You Give Me Something」でスタート。ソウルフルで迫力のあるハスキー・ヴォイスが響き渡り、オーディエンスはじっくりと耳を傾けた。続いて登場したのは、NYの地下鉄から飛び出した女性シンガー・ソングライター、スーザン・ケーグル。エレキ・ギターを抱えて登場した彼女は、全身に染み渡るようなナチュラル・ヴォイスを響かせ、たった一人で会場を魅了してしまった。自らの提案で制作したという「Shakerspeare」の日本語ヴァージョンをラストに披露し、日本のお客さんのハートをガッチリつかんだようだ。会場にいる女子の熱い視線を一気に集めたのは続いて登場したジェシー・マッカートニー。観客の手に触れられるくらいまでステージ前方ににじり寄り、9/13にリリースされたニュー・アルバム『Right Where you Want Me』からの楽曲を披露。「Tell Her」では、なんと観客から一人の女性をステージに上げ、彼女の目を見つめながら歌うというまたとないサービス! これには女子からの羨望の眼差しが痛いほどに注がれ、王子様ジェシーの魅力を改めて実感。そして、ラストは3人組となってから2枚目となるアルバム『Unbroken』を10/25にリリースしたばかりのD-SIDEが登場。上下黒のスーツ姿でビシッとキメて登場した3人に大歓声が贈られると、デビュー曲「Invisible」でライヴはスタート。3人の息がピッタリとあったパフォーマンスに会場もウットリ。途中、ライアンがアコースティック・ギターを奏でながら歌う姿も見ることができ、彼らの魅力を存分に見せてくれた。最後はライアンが一番大好きな日本のファンのために作った楽曲「Tokyo」を歌い、会場全体を熱く盛り上げた。

(VIBE-NET.COM - music news) 2006年10月27日 20:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる