HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Song Review: テイラー・スウィフトのツアーで注目を集めた...

Song Review: テイラー・スウィフトのツアーで注目を集めたニューカマー、ショーン・メンデス初のTOP10ソング「スティッチズ」

 アメリカのミュージック・シーンは、常にめまぐるしい。「〜に続くイケメン実力派シンガー誕生!」や「新たなディーヴァが登場した」など、誰かが売れれば、誰かがこういったキャッチコピーを背負って、登場する。ショーン・メンデスというアーティストもそのうちの1人だが、17歳という若さで、この貫禄の歌声や、ソング・ライティングには、やはり驚かされる。もちろん、女性陣が黄色い声援をおくる、その完ぺきなビジュアルも含めて。


 今年最大のヒット作『1989』がいまだ売れ続けている、女王テイラー・スウィフトの【1989ツアー】のオープニングアクトをつとめたことで、一気にその名が世界に拡散した、ショーン・メンデス。まさに“逆シンデレラストーリー”を実現させたといったところだが、シビアなアメリカのリスナーは、ただテイラーの前座をやったところで、注目してはくれない。テイラー登場前の興奮を、さらに掻き立ててくれるような存在感と、胸に染みるトラックが、その人気を生んだのだ。


 今年の春にリリースした、デビュー・アルバム『ハンドリトゥン』は、初登場でNo.1を獲得、ノルウェーやカナダでも同首位をマークし、大ヒットに至っている。そのアルバムから、3rdシングルとしてリリースされた「スティッチズ」が、10月はじめのシングル・チャート(HOT100)で9位まで上昇し、シングル初のTOP10入りを果たしている。6月末に公開されたビデオは、4000万再生回数を突破。今もその人気は衰えることなく、かかりまくっているようだ。


 アクション・ドラマのワンシーンのような、動くショーン・メンデスもまた違った魅力があり、この人がシンガーだということを忘れてしまうほど、役に没頭し、演出性を高めているビデオも、クオリティが高い。鏡越しにみるラストシーンでは、キュン死の声もあがるだろう。デジタル・トラックやヒップホップ・チューンなど、ここ最近のヒット曲は、クラブ・オリエンテッドなものが多い中で、ここまで従順にアメリカン・ポップスで勝負するシンガーも珍しい。


 アルバム『ハンドリトゥン』には、「スティッチズ」のほかにも、スタンダードなポップスから、弾き語りのメロウまで、美しい旋律を奏でるナンバーが揃っていて、日本のリスナーにも、しっくりくる楽曲が揃っている。日本のみならず、世界規模で共有できる名盤だ。これから飛躍すること間違いないショーン・メンデス、来年の今頃には、日本でも黄色い声援を浴びているかもしれない。


Text: 本家 一成


◎「Stitches」MV
https://youtu.be/VbfpW0pbvaU

Billboard JAPAN|Daily News 2015年10月9日 17:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる