HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 東方神起不在【a-nation】でSUPER JUNIOR大活躍/VAMPSは涙?/...

東方神起不在【a-nation】でSUPER JUNIOR大活躍/VAMPSは涙?/金爆は味の素導入/倖田來未は“a”背負う者の矜持見せる

 8月29日と30日 今年も味の素スタジアムにて【a-nation stadium fes.】東京公演が開催され、29日の公演ではSUPER JUNIOR、VAMPS、倖田來未、ゴールデンボンバー、Do As Infinity等の面々がそれぞれに個性際立つアクトを繰り広げた。


<DoAs雨でも「本日ハ晴天ナリ!」/つるの剛士×世良公則共演/ELT持田全力疾走>


 加治ひとみ、Leola、SOLIDEMOのオープニングアクトを経て、初日のトップバッターとして登場したDo As Infinityは、小雨が降りしきる中でも「本日ハ晴天ナリ!」と今や同イベントのひとつのテーマソングとも言えるキラーチューン、さらには「遠くまで」「SUMMER DAYS」と夏のスタジアムにピッタリのロックナンバーで会場を扇情。【a-nation】初出演となるつるの剛士はなんと「我らがレジェンド!」と世良公則を招き入れ、往年の大名曲「銃爪」を生コラボレーション、Dream5はTRF「EZ DO DANCE」カバーに大ヒット曲「ようかい体操第一」と誰もが知るダンスナンバーでオーディエンスを歌い踊らせる。


 そして【a-nation】の大常連ユニットであるEvery Little Thingは、オシャレなAORアレンジで「Dear My Friend」「Time goes by」等のヒット曲をマイペースに披露。そして今の持田香織の声とロケーションにピッタリな「ソラアイ」で、優しく穏やかな時間と空間を創造する。また、最後の「出逢った頃のように」では「アホになる気はあんのか、おまえらぁ! 愛を歌う気はあんのか、東京!」と叫びつつ右へ左へ全力疾走! という恒例の衝撃ステージングを繰り広げた。


<金爆は味の素&ELTリスペクトの大狂乱/倖田來未 5万人を全身全霊で挑発>


 そんなEvery Little Thingが大好きだ(樽美酒研)と告げた【a-nation】初登場のゴールデンボンバーは、まずは「エイベックス、バンザーイ!」と媚びを売っておいて、ギターソロ代わりに超大量の味の素をかけたスイカの早食い(味の素スタジアムでパフォーマンスに味の素を使用したアーティストは、おそらくゴールデンボンバーが初だろう)、お手製Every Little hing看板から抜け落ちた「T」を樽美酒のTバック姿でカバーと大暴れ。そしてトドメの「女々しくて」で見事アウェー戦を制してみせる。続く韓国のガールズグループ・f(x)は「可愛い!」という声を浴びながら、ルナとアンバーがクリスタルを抱き上げるパフォーマンス、エキゾチックなヒットチューン「RUM PUM PUM PUM」やサマーダンスチューン「Hot Summer」でもって喝采を浴びていた。


 浜崎あゆみ、TRF、Every Little Thing、Do As Infinityといった先輩方と共に【a-nation】を初期から盛り上げ、誰よりも露出度の高い衣装で“夏女”としてステージに立ってきた倖田來未は、その歌も、ダンスも、表情も一貫して攻撃モード大全開。往年の名曲に頼ることなくあくまで“今の倖田來未”として戦い、ステージから会場中央に伸びるランウェイ最前まで突き進み、5万人のオーディエンスを全身全霊で挑発しながら歌い踊る。その姿からは、他ジャンルの勢力が年々増していく【a-nation】に対する“aの歴史を背負い続けてきた歌姫たちの矜持”が感じ取れた。やはり“QUEEN OF LIVE”は伊達じゃない。


<HYDE「おっきい声出せんの?」SUPER JUNIORは笑顔の絶えないステージ一貫>


 スタッフに運ばれ、ステージにディスプレイされた2体のメイド姿のマネキン=FEMM(FAR MENTION MANNEQUINS)は、デビュー曲「Astroboy」など2曲をパフォーマンス。そして世界的人気を誇るVAMPSは、真っ赤なサーチライトの中で登場し、HYDEのシャウトで一気にスタジアムを自分たちの世界へと染め上げてみせる。そんな圧倒的なライブパフォーマンスの一方で「SUPER JUNIORだと思った?」とおどけたり、アウェーだと思っていたら受け入れてくれたみんなに「泣かないで!」と言われながら「感動した」と好意を見せたり、「おっきい声出せんの? いっぱい出せんの?」とだだっ子みたいに観客を煽ったりするチャーミングな一面も印象的であった。


 そしてこの日のヘッドライナーであるSUPER JUNIOR。味の素スタジアムに響き渡る歓声のボリューム(すなわちこのイベントにおける人気)はダントツで、歓声で歌声やサウンドが掻き消されるレベル。毎年、東方神起で起きてきた現象だが、今年のSUPER JUNIORはその東方神起不在の穴をしっかり埋めていた。また、どこかコミカルな楽曲とダンスパフォーマンス、女性ファンの向けての「可愛いです」「大好き」「愛しています」といった惜しみないリップサービス。さらには「Can you feel it」のチョギワダンスをウニョク、ドンヘに続いてシウォン、そしてカンインの無茶ぶりでSUPER JUNIR-K.R.Y.の3人までが踊る羽目となり、ウニョクの提案でヒチョルとイトゥクとカンインがセクシーダンスまで披露する流れ等、愛される要素満載のエンタテインメントショーは流石。


 また、同公演が最後のステージとなるウニョクとドンヘとシウォンは、「次、また会いにきますね」(ドンヘ)、「みなさんからいただいた大きな愛。これを大切に胸に閉まっておくよ」(シウォン)、「2年間みなさんに会えないけど、元気でいて下さい。また会いましょう!」(ウニョク)と再会を約束し、その後も笑顔の絶えないステージを貫いてみせた彼らのアクトは、ファンの間でいつまでも語り継がれていくべき内容と言えた。


取材&テキスト:平賀哲雄

Billboard JAPAN|Daily News 2015年8月31日 21:07:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる