HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > たこやきレインボー 初の大阪城野音2daysライブ「一緒に甲子...

たこやきレインボー 初の大阪城野音2daysライブ「一緒に甲子園目指しましょう」

 8月15日に【オオサカアイドルフェスティバル2015】、16日に【オオサカーニバル2015】と初の大阪城野音2daysライブを敢行したたこやきレインボー。その公式ライブレポートが到着した。


<15日【オオサカアイドルフェスティバル2015】>


 たこやきレインボーが、8月15日(土)大阪城音楽堂にて初の大阪城野音2days初日「オオサカアイドルフェスティバル2015」を開催した。大阪を代表するアイドルが一同に会するフェスということで、豪華アーティストが大阪城音楽堂に集まった。


 本公演のMCを務める陣内智則が登場すると、会場からは驚きの声があがった。気になる一組目のアーティストはLA くるみ from LAこと堀くるみが登場。ダディの運転するトライクにまたがり、旗を振りながらの登場に、スタートから会場が一気に湧いた。陣内からは「めっちゃ日本人顔やん!」とツッコミを受けつつも、通訳さんを通して会話をするLA くるみ(堀)。大阪の熱いパッションとファッションを皆さんに届けたいということでコラボしたお友だちはなんとオバチャーンたち。アニマル柄のTシャツを着て力強く「Born this way」を披露した。


 二組目は道頓堀歌劇団の根岸可蓮と彩木咲良が登場。彩木「好きな言葉は清く、正しく、面白く。女役スター彩木咲良」。根岸「好きな電車は阪急電車! 男役スター根岸可蓮!」と格好良くポーズを決めて自己紹介をし、たこ虹家族(ファンの総称)にはお馴染みの「道子とクラリス〜感動の再開編〜」を披露した。


 三組目には和泉沙乃こと清井咲希が黒子による紙ふぶきが舞う中、番傘を差しながら艶っぽく登場。和泉(清井)は道頓堀歌劇団の入団テストに落ちた過去があり、演歌の道一本で行こうと決心したというエピソードを披露した。そんな道頓堀歌劇団の2人が袖から見守る中、「100万回の I love you」を披露。まさかのJ-POPに陣内からは「演歌とちゃうんかい!」とツッコミが…。


 四組目にはまいまいこと春名真依が登場。ようやくアイドルらしいまいまいの登場に「アイドルフェスティバルっぽくなってきた」と陣内もコメント。4人のキッズダンサーを引き連れて「まいっちんぐ☆まいまいマジック」を披露。曲中にはビーチボールを会場に投げ入れ、たこ虹家族と一緒に楽しみながらのパフォーマンスとなった。


 前半戦の最後には出演アーティスト(LA くるみ from LA、道頓堀歌劇団、和泉沙乃、まいまい)のスペシャルコラボとして新曲「たのしかしましオオサカ」を歌い上げた。


 そしてオオサカアイドルフェスティバルの大トリをかざるたこやきレインボーを陣内が呼び込み「Over ture」が会場に響き渡ると、待ってましたと言わんばかりの声援が轟いた。「踊れ!青春カルナバル」では客席に向かってウォーターキャノンが発射され、客席がずぶ濡れになるなど夏の野外ライブならではの演出にメンバーからも歓喜の声が聞こえた。本編の最後には「たのしかしましオオサカ」をたこやきレインボーバージョンで届けて終了した。


 アンコールでは陣内、オバチャーン、ダディたち全出演者がステージに登壇し、賑やかな「六甲たこおろし」を会場と一体となり、盛り上げた。まだまだ歌い足りないメンバーの希望で「踊れ!青春カルナバル」を歌い、最後まで全力のたこやきレインボーを見ることができた。


 最後に「オオサカアイドルフェスティバル2015」に対する想いを語った。


 春名真依「「まいっちんぐ☆まいまいマジック」を日本青年館で歌った時はバックダンサーが2人だったけど、今日は4人来てくれて、可愛くて踊りながら見たいなと思ってた。ビーチボールをみんながまわしてくれて楽しかった。たこやきレインボーがトリなんて早いと思ったけど、たこやきレインボーはこれからもっともっとトリを飾れるように頑張ります。大阪城野音の大きさが分からなくて不安な気持ちもあったけれど、たこ虹家族は温かいなと思った。」


 根岸可蓮「3年目のオオサカアイドルフェスティバルで去年よりバージョンアップしてた。スペシャル出演アーティストが来てくれたりとすごい楽しみだった。発表されてからの2か月は早かった。センターステージで後ろまで行けたり客席に降りて皆さんの近くに行けて本当に楽しかった。」


 清井咲希「イヤモニを初めてつけた。嬉しい気持ちもあったけど、先輩に聞いたらみんなのコールとか声が聞こえづらいと聞いて、嫌だなと思っていたけけど意外と聞こえた。たくさんの人に来てもらえて嬉しかった。端っこの人も含めて全員が楽しんで帰ってもらえるようにとか、皆の夏の思い出にこのたこ虹の大阪野音が入ったら良いなと思って本番に向けて頑張ってきた。皆さんの笑顔で私たちは頑張れる。これからも皆さんを笑顔にできるように頑張る。たこ虹のライブをしてて今日が一番楽しかった。これからも、こういうライブをしていきたい。」


 彩木咲良「前日のリハーサルとか体調不良で、不安だった。いざステージに立つと疲れてる気持ちが吹き飛んで、疲れよりも楽しい気持ちになった。優しさと仲間の絆と信頼感を再確認した。明日もあるんで、気持ちを切り替えてやっていこうと思う。帰るまでがたこ虹のライブなので最後まで楽しんでください。」


 堀くるみ「OIF(オオサカアイドルフェスティバル)3回目で初めてフリーライブではない公演をした。ウォーターキャノンやイヤモニ、センターステージ、など初めてがたくさんだった。また新しい初めの一歩を踏み出した感じ。その時間を皆さんと過ごせて良かった。疲れたけど、その分楽しむことができて良かった。」


 大盛況の中、初の大阪城野音2days初日「オオサカアイドルフェスティバル2015」が幕を閉じた。


<16日【オオサカーニバル2015】>


 昨日は【オオサカアイドルフェスティバル2015】というタイトルで行われた公演でたこやきレインボーのメンバーがそれぞれ架空のオオサカアイドルに扮し出演アーティストとして登場、フェスティバルのトリをたこやきレインボーが務めるという内容となったが、本公演はたこやきレインボーのワンマンライブとして行われた。


 開演直前に降った雨もピタリとやみ「炎のように燃え上がる情熱と、水のように流れる汗と涙の結晶が、大阪から大きな旋風を巻き起こす。炎と水と風のカーニバル。」とアナウンスが、会場を一気に【オオサカーニバル】の世界に引き込む。


 彩木咲良「たこ虹家族の皆さん、出発する準備はできましたか?」、堀くるみ「炎のように燃えあがれますか?」、春名真依「汗をかく準備はできていますか?」、根岸可蓮「大阪から旋風を巻き起こすで!」、清井咲希「それでは、オオサカーニバルに出発!」とスタートから煽るメンバーとそれに応えるたこ虹家族(ファンの総称)の気合いは十分だ。


 最初は「炎」のカーニバル。吹き上がる炎で夏の野音がさらにあつくなる中、アッパーチューンである「ジュージューシー!!」「レインボーレボリューション」「叫べ!ガウガール」「踊れ!青春カルナバル」を続けて歌い上げ、会場の熱気は急上昇。


 どんどん熱くなっていく会場に春名が「びしょびしょになる準備はできてますか?」との問うとそれに答えるようにたこ虹家族からは歓喜の声が上がり、「水」のカーニバルに出発したメンバー5人。ウォーターキャノン発射、放水銃、水鉄砲などを使って会場の後ろまで濡らしていき、会場のテンションはさらにヒートアップした。


 びしょびしょに濡れた客席を見て、春名が「雨が降って雨があがったら虹がかかりますよね?」と提案。根岸の合図で「今日も一緒に虹かけよー!」と全員で虹を掛けたところで、メンバーカラーのフライングチューブが上がり「オーバー・ザ・たこやきレインボー」を披露した。


 「次はみんなで一緒に旋風を巻き起こすで!」と根岸の言葉を受け「風」のカーニバルに出発。タオル回し曲「365Go!」では客席にメンバーが飛び出し、会場を盛り上げた。そして会場のボルテージが上がる中、本公演のテーマ曲と位置付けた新曲「ナンバでサンバ2」を初披露した。曲中には清井による振りレクチャーが行われ、初披露とは思えないほどの一体感を見せた。さらに堀と清井によるユニット曲である「15のメランコリー」をメンバー5人の特別バージョンで届け、たこ虹家族からは大歓声が沸き起こった。アゲ曲をたて続けに披露してきたたこやきレインボーだが、本編のラストには「みんなのうた」をしっとりと歌い上げ本編を終了させた。


 アンコールのスタートでは「炎と水と風を味方につけたたこやきレインボー。この世の物質を形成する4大元素は、炎、水、風、そして土。」とアナウンスが流れた。土と言えば…、甲子園での単独ライブを成功させて、甲子園の土を持って帰ることを目標としているたこやきレインボー。甲子園への思いを込めて、全力パフォーマンスで「土のカーニバル」を表現した。


 アンコールのMCで「オオサカーニバル2015」に対する想いを語った。


 春名「野音でやるということが発表されてからの2か月間、やらなくてはいけないことがたくさんあった。今までのレッスンの中で野音が一番時間が短くて不安だった。寝る前にノートを見直したりして、順番とかを思い出したりした。本番間違えたらどうしようとずっと不安だったけど、ステージに出たらみなさんの歓声が聞こえてきて、良かったと思った。夏の野外でしんどくもなったけど、皆さんの笑顔が見られたから幸せです。」


 根岸「2daysがはやく感じた。今日は炎や水の特殊効果もあり、皆さんの近くに行って一緒に盛り上がれてすごく楽しかった。盛り上がりすぎたときもあったけど、皆さんの声が聞こえて本当にうれしかった。」


 清井「野音2daysを通して、メンバーも虹家族さんのことが大好きなんやと思った。それと同時に、虹家族さんはメンバーのことが好きなんやと思えた。これからはもっともっとライブを大切にしていきたいと思えることができた。これからもずっとみんながたこ虹のことを好きでいてくれるように、私たちもずっと愛を届けるので、これからも愛を受け取ってください。虹家族さんが大好きです。」


 彩木「自分たちの新衣装の影が可愛いとずっと思ってた(笑)。この2日間で色んな事を学んだ。すべて完璧に見せることや、トーク力を頑張らなければいけないと勉強になった。愛も感じ絆も深まった。これからも一歩一歩踏み出して一緒に甲子園目指しましょう。」


 堀「1日目の反省点として、昨日はただ走ってただけだったけど今日はダンスをさらに頑張った。客席の後ろまで行ったりと、距離の近いライブができた。これから一生懸命頑張って大きい会場でできるようになって(客席との)距離は離れても心の距離は近づいていけたら良いなと思った。」


 そして堀から今年の秋にニューシングルを引っ提げたレインボーツアー(フリーライブ)を開催することが告知された。


 レインボーツアー開催について堀以外のメンバーは知らされていなかったため、驚いているところに突然、電話の音が鳴り響いた。昨年梅田クラブクアトロで行われた初ワンマンライブにて次のライブがサプライズ発表された時と同様の展開に、動揺と興奮を隠しきれず騒ぎだすたこやきレインボー。電話の相手は理事長(スターダスト芸能3部スタッフ)からで内容は「11月21日(土)東京ドームシティホールを押さえたのでワンマンコンサートをやっちゃいなよ。」とのこと。


 11月21日(土)に「なにわンダーランド2015」公演の開催が決定したたこやきレインボーは改めて「なにわンダーランド2015」に向けて意気込みを語った。最後の最後に雨が本格的に降り出したが、「ナンバでサンバ2」を冷めやらぬ熱気と感動の中、最大限のパワーで届けて大阪野音2daysの幕を閉じた。


 初の大阪城野音2days2日目を無事に終えたたこやきレインボーは、2015年11月21日(土)に東京ドームシティホールにて開催される「なにわンダーランド2015」公演、そして秋にはニューシングルを引っ提げたレインボーツアー(フリーライブ)の開催でさらに成長した姿を見せてくれる違いない。急成長著しい今後の活躍にもぜひご期待ください。




◎ライブ【たこやきレインボー presents なにわンダーランド2015 in 東京ドームシティホール】
11月21日(土)東京ドームシティホール

Billboard JAPAN|Daily News 2015年8月17日 18:40:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる