HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > オーミ 米ビルボード・シングル・チャート3週連続1位を記録、...

オーミ 米ビルボード・シングル・チャート3週連続1位を記録、5SOS新曲は何位に初登場?

 エアプレイ、デジタルセールスの上昇を受けて、オーミの「チアリーダー」が3週目のNo.1を死守した、今週の米ビルボード・シングル・チャート。


 ダンスホールやレゲトンといった、フロアを賑わすレゲエチューンではなく、フュージョンにも通ずる涼やかなダブ・テイストが心地よい「チアリーダー」。ヒット曲の傾向にある、ペアレンタル・アドバイザリーに該当するような露骨な表現もなく、いたってシンプルなラブソングが幅広い層に支持されているのも、ヒットの要因だろう。


 この夏の1番人気曲として全世界で大ヒット、各国でNo.1獲得を記録しまくっている「チアリーダー」だが、次週は一旦、その座を譲らなければならない状況にある。登場たった5週にして2位までジャンプアップした、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」のミュージック・ビデオが解禁されたからだ。


 オーミの「チアリーダー」には届かないものの、この曲もR&Bチャンネルを中心にエアプレイが好調、新作のリリースが目前ということもあって、セールスも伸び続けている。次週、そのポイントに加えて、ビデオ公開の効果によるストリーミング回数が加われば、首位との交代はかたいのではないかと予想される。この夏の上位争いは、この2者による対決が続きそうだが、下位からも注目曲が浮上中。


 今年の年間チャートTOP10入りは間違い、フェティ・ワップの「トラップ・クイーン」(6位)に続き、モンティをゲストに迎えた「マイ・ウェイ」が、先週の87位から8位へジャンプアップし、自身2曲目のTOP10入りを果たした。今週も18位に停滞している2ndシングル「679」に続き、3rdシングルとしてリリースされた「マイ・ウェイ」の急上昇要因は、ドレイクのリミックスが7月17日にリリースされたことで、デジタル・セールスとストリーミング回数が一気に上昇し、ポイントにつながったこと。R&Bシーンではザ・ウィークエンド、ラップ界で今年最も飛躍しているのは、このフェティ・ワップといえる勢いをみせている。


 また、今年はじめてのシングル・リリースとなる、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「シーズ・カインダ・ホット」が、22位にデビュー。1Dの前座を務めたことで、彼らの知名度も急上昇、ファンには待ちに待ったという新曲で、アメリカのラジオ各局では今週、最もプレイされた1曲となり、デジタルセールスとエアプレイのポイントが上位デビューへプッシュした。


 今週のアルバムチャートで、初の首位をマークしたフューチャーは、68位に「ウェア・ヤ・アット」、73位に「コンマズ」、95位に「ブロウ・ア・バグ」と3曲を送り込み、フューチャーと離婚訴訟でモメている最中の妻シアラは、「ダンス・ライク・ウィーアー・メイキング・ラヴ」が100位に初登場している。互いに仕事面では好調なだけに、私生活でのトラブルも穏便に解決すれば良いのだが。


?Text: 本家 一成

Billboard JAPAN|Daily News 2015年7月29日 22:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる